2011年03月19日

犬>>>>ヒーロー>>>>師範

   ○
   │    
  (・ω・) <ルナティックどーん!
  ===
  \_/


皆さんこんばんは。先日買った彼岸花の原作小説を母に見せたところ面白くないとブチ切れられたイナバです。いや私は悪くないよ!?

さて。冒険者への道のりだと信じてしばらく炭鉱夫を続けていたルナティックドーンですが、ふと息抜きに闘技場に立ち寄ったところ、ここで試験を受けて合格すれば通行証が手に入る事が語られました。
じゃあ炭鉱での生活はなんだったのか…。一応試験や訓練にかかる費用を稼ぐのには鉱山が必要そうですが、初期の所持金で十分クリアできるのであんまり意味なし。
闘技場とかいうネーミングから、武器もろくに持たず戦闘経験もないのに行っても意味ないだろ…と思っていたので余計な遠回りする羽目に。

闘技場ではチュートリアル戦闘のようなものがあり、このゲーム特有のAIBS(アクティブ イニシアティブ バトル システム)が体験できます。

これがなかなか文章では説明しづらいのですが…
まず、戦闘中には画面に丸い円が表示され、その中を攻撃側と防御側の照準が自由に移動できます。攻撃側が照準で攻撃位置を決めると攻撃開始(決定〜ヒットまでのタイムラグあり)。ヒットまでに防御側の照準がその点に照準を合わせられなければ攻撃成功。逆に防御側の照準が重なることができれば防御成功。防御が成功すると攻守が入れ替わります。




参考動画。23:00〜あたりで闘技場での戦闘やってます。色々しょんぼりする戦闘シーンです。


闘技場では攻守の入れ替わりやダメージ等はなく、とにかく攻撃と防御の練習。相手よりも多く攻撃を当てればクリアです。

ここでは試験と訓練を受ける事ができ、試験に合格すれば晴れて通行証が手に入るのですが、いきなり師範と戦うのはちょっと厳しいのでまず訓練から。弟子らしき兵士と戦い、攻撃と防御の仕方を把握しておきます。

最初は攻撃速度が遅く攻撃場所の決定〜攻撃ヒットまでの時間が長いので弟子相手にも苦労するんですが、訓練を続けているとどんどん経験値とステータスが上がり、攻撃速度が上がっていきます。ちょっと訓練しただけで攻撃場所決定〜ヒットまでが一瞬になり、相手が防御照準を動かす間もなく連続攻撃でボコれるように。


そんな訓練を何回かクリアしたあと、いざ本番の試験へ。師範は最初に挑んだらかなりの強敵なのですが、こっちの攻撃速度が上がった今となってはただのサンドバッグ。
防御照準の隙をついて○ボタン連打したらクリアできます。レベルを上げて連続攻撃で殴れ。

こうして、反撃すら許されなかったボコボコの師範から風の紋章(試験クリアの証?)をもらい、さっそく通行証をもらうべく王様に謁見。あんまり村人と変わらない質素な格好の王様から、通行証をもらいます。

こうして晴れて冒険者の仲間入りを果たしたヒーロー。アダムさんにも見送られ、いざ冒険の旅に出ることに。
相変わらずの赤色チンクルが意味もなく付いてきたけど、まぁ細かいことは気にせずに村を出発。

さぁまずはどこへ行こうか。そういえば鍛冶屋とかあったけど冒険者向けに装備とか売ってないかな…と村から移動した次の瞬間、フィールドでの戦闘が発生。今までは発生しなかったんですが、どうやら冒険者になってからはフィールドでの戦闘が発生するようです。

登場したのは犬。恐らくは野犬の類です。きっとドラクエでいうところのスライム的なポジションの雑魚敵に違いないです。
ふふっ、こちとらレベル上げて師範をフルボッコにしたんだ。初の実戦とはいえ、犬コロごときには…!!!




フルボッコにされました。



おいなんだあの犬師範より強いぞ・・・!つーかこっちの攻撃でノーダメージって、逃走のないこのゲームでは死刑宣告なんですが!しかもセーブしてねぇっていうか闘技場クリアからセーブポイントなんかねぇのにいきなり戦闘だよ!!

というわけで、また闘技場からやり直しになりました。酷いや。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 21:59| 兵庫 ☁| Comment(2) | ルナティックドーンテンペスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

ガンガン ゴァー

皆さんこんばんは。ネット復旧しました。HDD整理も兼ねてPCのリカバリしたはいいもの、予想以上にいろんなものをインストールしなおす羽目になりました。キャプチャボードのドライバはどこいったー!?

さて。それはともかくなんとかブログは書けるのでルナティックドーン日記です。
前回邪悪な魔物に遭遇したヒーローは、とにかく洞窟を脱出して親方の元へ。怪しい音の正体が分かった事を伝えると、とにかく今日はもうおしまいだからゆっくり休めと言われます。

少し前に休んだばかりの気もしますが、仕方ないのでもう一度アダムの酒場へ・・・行ったんですが特にイベントはなし。
あれ?休むのここじゃないのかな…と困惑しつつうろうろしてたらいつの間にか次の日扱いになってたらしく、鉱山でのお仕事ができるようになってました。
さっそくピッケルを担いで洞窟に入ることに。目指すは神おま。光おまは全捨てです。
というわけで鉱山での採掘開始。洞窟内にある行き止まりでピッケルを振るうことができ、鉱石を掘り出して親方に渡せばお金がもらえるようです。
そして鉱山内では動いたりピッケルを使う毎にエネルギーを消費し、これが0になると強制的に帰還させられます(採掘したものは喪失)。このエネルギー、わりとしゃれにならない勢いで減ります。洞窟内で50m動けたらいい方です。どんだけひ弱なのヒーロー!?

洞窟内の移動はかなり特殊です。説明が難しいんですがFPS視点で移動し、基本的に前後にしか移動できません。分岐などがあるとそこで左右に方向転換できる、という感じ。すごく微妙な気分になります。

とりあえず手近な行き止まりを発見。ピッケルを振るいます。
すると出てきたのは・・・・ひぃぃぃぃ!また魔物だぁぁぁぁぁ!!


いきなり前回の赤色チンクル・フェステが登場。昨日は泊めてくれてありがとう、なんて言ってきやがります。
泊めた覚えもなければ泊まった覚えもないしていうかなんで付いてきてんだ貴様!
どうもヒーローはフェステにとりつかr…気に入られたようで、この後もなにかとフェステがまとわりついてくるように。
教会!?教会はないの!?このナチュラルに不気味な笑顔の悪魔を祓ってよ!


その後のフェステとの会話の中で、ヒーローは冒険者になるために鉱山で働いている事や、鉱山は男じゃないと働けないので男のフリをしていることなどが語られます。
そうか…鉱山なんかどうでもいいんじゃないかと思ってたけど、これも冒険者になるためなのか…

というわけで気合を入れなおし、本格的に鉱山での炭鉱夫生活がスタート。冒険者になるべくひたすら掘っては納品してお金を稼ぎ、エネルギー回復アイテムなども買い込んでさらに洞窟の奥へ。
奥のほうには地下へ続く階段なんかもあるし、きっと冒険者としての旅立ちを決定付ける素敵なイベントがあるに違いない!!!



…そんなプレイを1時間ほど続けていたんですが、実は鉱山は冒険者とは関係ないらしいです。
特に鉱山で稼ぐ必要もなく、闘技場で試験を受けてクリアすれば通行証がもらえて旅に出られるみたいです。騙された!主人公に騙された!
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:46| 兵庫 | Comment(2) | ルナティックドーンテンペスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

不思議のダンジョンだとアイテム盗む系

ルナティックどーん!(挨拶)

皆様おはようございます。地震の被災地への電力を確保するための「ヤシマ作戦」がネットで広まって功を奏しているとか。素晴らしいです。こういう時にどこからともなく溢れてくる日本人パワーが素晴らしい。日本オワッテナイ。
私のところにも友人から「節電しようぜ!」的なメールが来て「おぅまかせろ友よ!被災地へ届け!我らが電力!」と元気玉気分で意気込んでいました。
そのメールの5分後くらいに「なんかうちらが節電しても供給してる場所が違うから関係ないらしいぜちくしょー!」というメールが来てヘコんだけど。

節電くらいするから余った電力とかなんとか送れないものか…なんならどっか広い土地に大量の自転車型発電機を設置して、みんなで回しまくってハイパーデンドーデンチに電力貯めて送り届けるとかできないものか!ファイナルアタックのテーマを脳内で流せばいくらでも回せるぜ!ダイエットにもなるし!



さて。地震の話題ばかりもなんですし、ルナティックドーンテンペストはじめました。

このゲームの主人公の名はヒーロー。なんでそんな名前付けちゃったのかは分かりませんが、ヒーローです。女の子なのに。せめてヒロインだろ…

ヒーローは子供の頃から冒険者である父の話を聞かされて育ち、いつか父と同じ冒険者になりたいと思うように。そして17歳になった日に髪を切り落とし、冒険者となるべく歩み始めた…というのがおおまかなプロローグです。ちなみに父と母は死んでしまったようです。

そしてゲームが始まると、まずは目覚めるシーンから。といってもベッド等ではなく、どうやら炭鉱での作業中に倒れてしまったようです。仕事仲間のおじさん達に心配され、もう大丈夫だと告げるヒーロー。
それはいいんですが、すさまじくムービーのクオリティが低いです。本当にプレステ2なのかと思ったくらいです。初代プレステ並み?鉱山なのに壁がコンクリートみたいに一色の壁みたいです。

起き上がったヒーローは作業員の詰め所みたいなところで、とりあえず今日は帰って休むように言われます。一度鉱山の近くにあるパトリア村に戻り、養父であるアダムおじさんの酒場で一休み。あらためて冒険者になりたい経緯などが語られ、ヒーローの決意の固さが伺えます…が、ポリゴンモデルになんか違和感を覚えているうちに終わってしまいました。
いや別に体のバランスがおかしいとかではないんですが、なんか妙に目が薄いです。鼻や口はそれなりにくっきりしてるのに、なぜか目だけはのっぺらぼうのモデルに消えかけのペンでなんとか書きました、みたいな薄さです。肝心の目に力が入ってないので見れば見るほど不安定な気分になります。

次の日、ヒーローは再び鉱山へ。なんで冒険者目指してるのに鉱山に通ってるのかはよく分かりませんが鉱山へ。
詰め所に行ってみると、せっかくだけど今日の作業は中止だと言われてしまいます。どうやら鉱山の奥の方から怪しい物音がしてみんな怖がってるとのこと。そこで親方から「物音の正体を確かめてきてくれ」と言われます。
冒険者目指してるんだからとっとと鉱山なんか見捨てて行きたいんですが、断ると話が進まないので受けることに。ピッケル片手に鉱山内を進んで行きます。
怪しげな物音って…とドキドキしながら進むヒーローですが、どう聞いても「開けてくれよ〜」「助けてくれ〜」とはっきりした音が聞こえます。こんなはっきりした声にびびって仕事にならない炭鉱夫達はどうだろう。鉱山内で事故とかあっても助けを求める事もできやしない。ていうか別に奥の方からでもなかったし。

鉱山内をちょっと進んだ先に小さな空間があり、そこのど真ん中に宝箱がありました。どう見ても今まで炭鉱夫たちが気付かなかったはずがないんですが、その箱から例の声が聞こえてきます。
開けるべきかどうか選択肢が出るんですが、初代ドラクエから受け継がれしローラ姫の呪いにより嫌でも箱を開けさせられます。

開け方が分からず、仕方なく箱を放り投げてぶち壊し、その中から出てきたのは・・・・ひぃぃぃぃ!魔物だぁぁぁぁ!!

登場したのは風の妖精・フェステ・・・と名乗るどう見ても魔物。イメージでいうと赤色のチンクル。ドラクエだとイオナズンとかザラキを使おうとしてMP足りない感じのモンスターです。

どうやらフェステはかれこれ100年ほど閉じ込められていたらしいです。ようやく出られたとキモイ顔で大喜びしています。

とにかく声の正体も分かったし、目の前の魔物がとてつもなくキモイので無視して親方の元へ戻ることに。こうしてヒーローの最初の冒険はなんとか終わったのでした。まる。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 11:18| 兵庫 ☔| Comment(3) | ルナティックドーンテンペスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。