2010年07月31日

これほど言いたい事が出るゲームもなかなか

   ○
   │    
  (・ω・) <戦国BSARAが予想以上のぶっ飛びっぷりでびびった
  ===
  \_/

皆さんこんばんは。石田光成で方向キー+△→L1+△ボタンで範囲攻撃を連打してたらキャラが動きすぎてちょっと酔ったイナバです。病み上がりにはしゃぎすぎたぜ。
そして、ある程度分かっていたとはいえまさかロケットランチャーやらゾンビやらレーザーやらガンダムが好き放題暴れまくるというのは恐ろしいな・・・忍者とか空飛んでるし。

あと、毛利元就を見てメガネっ娘じゃない事に違和感を覚えたり、伊達成実を見て「なるみって言うな!」を思い出したりと、完全に戦極姫に洗脳されてます。どうしてこうなった。



さてさて今日は、先日ようやくクリアした大奥記を振り返って全体の感想としたいと思います。

実はこのゲーム、最初は「黄昏のオードをクリアした後なら、戦闘もないし気楽にできるだろう」とか思っていたんですが・・・待っていたのは酷い世界でした。


まず、シナリオ。

父の仇を討つべく、女ばかりの厳しい世界・大奥に入り、そこでのし上がっていくことにした主人公・・・というのはいいんですが、実際のところほとんどそれらは描写されてないというのが問題。
途中で将軍が仇ではなく、犯人が別にいることが分かったり、実は時子さんと同じような境遇だったお篠様が、去り際に忠告を残していったりとかの展開は悪くなかったんですが・・・振り返れば結局酷かったです。
仇討ち関連のお話はほとんど最後だけでしたし、女同士のイジメ的な世界は茜さんの事件くらいでしたし(その茜さんもわりと適当でした)、のし上がっていくにしても異様なまでのスピードでしたし、そのせいか大奥での仕事なんかはほとんど描写されなかったのも問題。気付けばただただ毎月起きる何かの事件を解決してたというだけ。
でも推理ゲーとしては致命的に面白くありません。証拠は証拠になってないし、犯行動機も犯行の仕方もおかしかったりと、意味不明な事が多いです。
特に「将軍の命を賭けてでもお篠様を抹殺する」というのが一番ワケのわからないお話でした。ちょっとでも犯人側の思考を考えてみたら絶対ありえない行動なんですが・・・小学生でも騙されてくれるかどうか。

どうせなら推理なんかしてないで、他の女中の弱みを握るとか、他の人と協力して誰かを貶めるとか、そのへんを入れれば良かったのに・・という感じ。主人公としてはブラックな感じですが、そもそも将軍を殺すために来たわけですし、目的のために大奥に入り、のし上がっていくというわりには時子さんが妙に誠実すぎるのもなんだかおかしいかと。


システム:

とりあえずロードをなんとかしてください。

部屋をちょこちょこ移動させるゲームなのに、毎回あの演出とロードではやってられません。攻略サイト見て最短距離進んでも面倒なくらいです。
ていうかわざわざ3Dにして移動させる必要があったのか?という感じ。ノベルゲーにして、行き先選択させればよかったのにと本当に思います。特にポリゴンがすごいわけでもないし、大奥の屋敷がうまく表示されてたわけでもないし、意味不明。
せめてマップとレーダー的なものさえあれば・・・


グラフィック:

皆そろって無表情な不細工ポリゴン顔です。
どうしようもありません。印象的な顔と言えば茜さんのアレくらいです。
おかげで服装とかでしか印象がないので、どいつもこいつも似たようなもんで思い入れがありません。これが余計に作業感をプラスしてくれます。


サウンド:

わりとマシ・・・かな?少なくとも耳障りではないです。
でもたまにBGMが合ってないことがあります。どうやらその月での屋敷内のBGMというものが決まっているらしく、たとえ事件が起きる前でも暗い音楽が流れる月なら暗い音楽が流れたり。
もはやギャグとしか思えないSEは無いほうがよかったかもしれない。



その他:

自動ドアやら、貫通する障子やらはどうにかならなかったものか・・・
あと、事件に対しての捜査がわりと大雑把で分かりにくいことも。
もう少し段階を踏んで、現在の捜査状況や次に調べたいことなどをモノローグの形でもいいから表示してくれればまだやる気も出たような。
1プレイが微妙に長いのもわりと辛いところ(1月クリアに攻略サイト見ながらで1時間程度。情報なしなら数倍はかかると思う)。




・・という感じで、気楽に構えてたのに思った以上に酷かったです。

行動がいい加減な犯人と目的がいい加減な主人公が、いい加減な証拠といい加減な難癖をもっていい加減に解決するという、とてもいい加減なお話でした。

どこをとっても説得力がないというのが酷いです。黄昏のオードだって回り道の回り道の回り道だとしても行動の理由くらいは理解できてました。

そしてなにより、製作スタッフが大奥に全く興味なさそうな感じがひしひしと伝わってきました。なんで作ったんだろ。

言っても詮無い話ではありますが、年によってはクソゲーオブザイヤーになってもおかしくなかったのではないだろうか・・と思える作品でした。
皆さんも機会があったら是非買ってみてください。きっと愛犬が喜ぶことでしょう。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:03| 兵庫 ☁| Comment(4) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

そもそも将軍に頼めばよかった気がする

   ○
   │    
  (・ω・) <レッツパーリー!!
  ===
  \_/


皆さんこんばんは。プロジェクトDIVA2と戦国BASARA3を買った途端に風邪が治り始めたイナバです。恐るべしゲームの力。

とは言ってもまだ買っただけで封も切ってない状態。さっさと大奥記を終わらせてプレイしたいです。
戦国BASARAは元々あんまり興味なかったんですが、ゲーセンでの格ゲーやらニコニコ動画に上がってるMUGENやらでなんとなくキャラに興味がわいてきました。
ちなみに一番好きなのは奥州筆頭。中の人的に。
そして次は真田幸村・・・というか、彼の「おやがださま〜!!」という悲鳴。なんだろうあの声。すごく癒される。



さて。そんな夢溢れる話題はともかく、夢も希望もない大奥記のお話です。

3月に入り、ついに大奥総取締り役となった時子さん。総取締り役のみに与えられた千鳥の間で、ついにここまでのし上がった事を噛み締めます。
もはや大奥内においては時子さんに逆らう人物もほとんどおらず、大奥に秘められた闇を探ることもできることでしょう。なんか女中たちがみんな同じセリフしか言わないけど
ちなみに「大奥の闇」というのは時子さんが付けた無闇に壮大な呼び名です。父の仇のことだったり桃乃さんの仇だったりと微妙にブレるので、とりあえず悪だくみっぽいのは全部「大奥の闇」って呼んでるんだと思います。

最初は父の仇を〜とか言ってたのに、途中から桃乃さんの仇を〜となり、いつの間にか父上を放り出して芳松君替え玉事件の真相を探ってました。父上は枕元に立っていいと思う。


というわけでまずは前回打ち倒した舞子様、榊先生、沙月さんに情報を聞くことに。ていうかまだいたんだお前ら。

・・・ちなみに、彼女たちに話を聞く前にも何人かの女中から話が聞けるのですが、世継ぎが替え玉という事実は意外と色んな人が知ってました。全然隠せてないよ!

途中で「当時の小姓が芳松君を殺した」という情報を得て、舞子様に話をすると「榊先生が知っているはず」と言われます。
そして榊先生に聞きにいったんですが・・・・忘れたとか言われました。

忘れたって・・・・いかに榊先生が老人といっても、やたらうさんくさい話です。彼らは犯人が誰だったのかろくに覚えてないような事件の隠蔽をずっと続けてきたというのでしょうか。
誰かにその事件のことを聞かされて隠蔽工作を行っていたのならその人物についての情報があってもいいでしょうし、事件も何も知らないけど気付いたら世継ぎが入れ替わってたからよく分からないままに隠蔽してる、というのはかなり不自然な状況です。

可能性としてありそうなのは、誰かが彼らに指示を出し、彼らがその人物について隠しているというパターンですが・・・・と、ここまで頭を使ったところで、このゲームにそんなこと期待しても無駄だと思って考えるのをやめました。


アテにならない二人を放って、沙月さんの所に行く前に、なにやら廊下に見かけない着物の人がいたので話かけてみると、どうやら以前大奥にいた人のようです。当時の話を聞いてみると、沙月さんが元小姓であったということが分かりました。
分かったのはいいんですが・・・せっかく総取締り役まで上り詰めたのに、特に権力とか関係ない余所から来た人に情報をもらうというのはどうだろう。昇進したありがたみゼロです。強いて言うならスタート地点がややこしい側室ブロックから千鳥の間に移り、移動しやすくなったことくらいです。


さて。なにやら疑いの強くなった沙月さんに話を聞きに行くのですが、どうやら体調が優れないようなので話を聞くのはまた今度ということに。仕方ないので他で情報を集めます。


色んな人に話を聞いていると、どうやら最近沙月さんの様子がおかしいとのこと。舞子様達との企みがバレた辺りから落ち着かない様子で、御火乃番のおさきさんに何かを打ち明けていたという話です。
おさきさんに話を聞いてみると、井戸に幽霊が出るとなにやら怯えていたとのこと。怪しく思った時子さんは、おさきさんに井戸をさらってもらうように頼みます。
後日確認に行くと、井戸の中から白骨が見つかったとのこと。おそらくはこれが本当の世継ぎの骨なのでしょう。

そしてお百合さんから、沙月さんが昔、あやまって芳松君を縁側から落としてしまい、死なせてしまったということを教えてもらいます。

さらに「お夕さんも元小姓」という情報を得て話を聞きに行くと、以前大奥の上層部が替え玉についての密談をしていたという話が聞けます。順調に捜査は進んでますが、順調に時子さんは大奥入りした本来の目的を忘れてます。

・・・と、ここで思わぬ事実が。
死んでしまった世継ぎの代わりに用意された替え玉の本名は、銀之助という名前だとのこと。子供の頃に死んだと聞かされていた時子さんの弟と同じ名前です。

そしてとどめに、沙月さんの後を付けて行った先で、犯人と思われる人物たちの会話を盗み聞き。
なにやら調べまわっている時子さんに対し、そろそろ消えてもらわねば・・・などと話しています。
話しているのは沙月さんと望春院様と、最近なんだか意味もなく登場してた老中の男性の三人。
さらにその話の中で、用意された替え玉は時子さんの弟で、その事実を隠蔽するために父は殺されたとのことです。


・・・というわけで無理矢理まとめられた感もありますが、なんだか色々分かりました。
あとはこの情報を持って将軍の下へ行くなり、いっそ乗り込んで恨みを晴らすなりすればいいんですが・・・・


この女、またやらかしました。



またもや犯人たちを呼び集め、知っている事実を全部話しやがりました。
またもや台無しです。
沙月さんは問い詰められたら見事なまでにうろたえてあっさり事実を認めますが、老中の男性は自分の責任ではないと言うばかりだし望春院様は「へーそーなんだ」的な姿勢を貫くばかりでちっとも自分が犯人だとは認めません。

といっても大奥記に出てくる人たちは揃いも揃って素直な連中ばかり。最後まで情報を並べ立てると、望春院様も事実を認めます。まぁ認めたところで殺されるだけなんですが。


というわけで前回の失敗がまったく生かされてない時子さん。しかし今度は将軍が登場。将軍の血が絶えたという事実を隠すためとはいえ、望春院様の行動を残念に思い、たとえ血が繋がっていなくても芳松君を世継ぎとして育てていくと告げます。

最後は望春院様が自ら毒を飲んで自殺。綺麗な形とはいえませんが、大奥に潜む一連の事件は解決となったようです。







そもそもまだ将軍は健在なんだから、将軍家の血が絶えたわけじゃないのにとか考えちゃだめです。




なんかもう文章長すぎて日記書くのが重いので今日はここまで。
明日全体の感想とか思い出しツッコミとかあったら書きます。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:01| 兵庫 ☀| Comment(7) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

やたら精神が脆くてすぐにボロを出す黒幕

ついに大奥記クリアしました!

しましたが・・・なんだろうこの中途半端な感じは。
解決したといえばしたような、でも何一つ解決してないような、ていうかなんで舞子様はまだ大奥にいるんだとか、前回やった愚行をまたやったとか、事故を隠蔽するために色々画策してたのに肝心の事故についてあんまり覚えてないとか、色々と気になる点がてんこもりです。

まぁ一応、時子さんの家のお話とかが絡みつつ、芳松君の問題を解決したのですが・・・


とりあえず今日は体調悪いので、確認のためもう一度最終月をプレイしつつ、明日まとめて書くことにします。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(6) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

思えば5月辺りが一番面白かったかもしれない

皆さんこんばんは。そろそろ大奥記から興味を失いつつあるイナバです。ラスト近くなら盛り上がるとか思ったのに・・!

というわけで大奥記は2月に突入。前回ラストの桃乃さんの告白を受け、時子さんは大奥に潜む闇に挑むことを決意します。よく考えたらまったく挑む必要ないとか気にしちゃだめです。

そもそもメインのお話だったはずの時子さん仇討ちはどこへ消えたのか・・・


さて最初は桃乃さんを探すところから開始です。どうやら桃乃さんは大奥を去ることになったようです。せめて最後に声をかけるべく探し回ります・・・という目的は一切語られません。
とりあえず適当に話してまわったらイベントが発生し、それを見て「あぁどうも桃乃さんが大奥を去って、時子さんは桃乃さんを探してるんだなー」と認識する感じです。プレイヤー置いてけぼりです。

そして何度かあちこちをたらい回しにさせられたあげく、最後に玄関で桃乃さんと会うことに成功。

桃乃さんはどうやらどこかの藩に引き取られるようですが、彼女曰く「きっと秘密を知ってしまった私は途中で殺されてしまう」とのこと。
どうやら秘密というのは芳松君が替え玉であるという事のようです。そんな物騒な話を他人に教えないでください。時子さんまで巻き込むつもりか。

そして桃乃さんの話は続き、どうやら大奥には時子さんにも深く関わる問題が根付いているとのこと。それはつまり時子さんの家が滅んだことなのでしょうか。ぜひとも問いただしたいところですが、何か知っている風の桃乃さんはちっとも教えてくれる様子がありません。どうせ死ぬんなら教えてよ!


なんとなく、無理矢理時子さんの家のお話を絡められた感がありますが、とにかく一度、自室に戻って考えをまとめる時子さん。
ちなみに教えてくれなかったことの腹いせか、特に桃乃さんを引き止めることもなく見殺しにしました。

そして父の仇の話はともかく、お篠様や桃乃さんの仇を取るべく、大奥にいるはずの大きな敵を探るために時子さんは動き出します。多分父上は天国で泣いてます。


・・・さて。そんな決意を固めたばかりですが、それはそれとして別の行動を始める時子さん。
どうやら芳松君が母を真実を知ってしまったショックで塞ぎこんでしまい、ろくに食事も取っていないとのことで、どうにか元気を取り戻してもらおうと薬膳料理を作ることを考えます。

そのために女中たちに話を聞いて回り、そして薬について詳しい医者の榊先生のところへ向かいます。
しかし榊先生は不在で、部屋には怪しげな箱があります。容赦なく中身をパクる時子さん。封をされた怪しげな手紙を見つけ、きっと薬の作り方が書いてあるに違いないと苦しい言い訳をしつつ持ち帰ります。

自室に帰りそれを読んでみると、中に書かれていたのは驚くべき事実でした。
以前お篠様が将軍のお茶に毒を入れ殺そうとした事件は実は何者かの策略で、真実を知ってしまったお篠様を殺すために仕組まれたとのことです。

なんてっこたい、と驚きつつも、大奥に潜む何者かの気配を感じる時子さん。なにやら核心に近付いたような感じがして、わくわくするべきところなんですが・・・・なにやら気になる点が。


書かれていた文書によると、秘密を知ってしまったお篠様を殺すべく、榊先生が上様のお茶に毒を死なない程度に入れたとあります。そしてその罪をお篠に被せ、追放→抹殺のコンボを決めたというわけです。

しかしそれだとお篠様は無実の罪を甘んじて受けたということになってしまいます。ていうか時子さんは自慢の推理で見事に冤罪だよ。たしかに「私が毒を入れた」という発言はなく、申し開きでは狂ったようなセリフを繰り返すばかりでしたが、最後の別れの時に何か言ってくれてもよかったような・・・

そしてそもそも抹殺するつもりならいつぞやの時子さん抹殺や綾子様のようにさっさとやればいいわけで、わざわざ上様の命を危険に晒してまで冤罪事件を起こす必要があるのか?というのも疑問。事件を起こすにしてももう少し別の方法がありそうなもんです。ていうかお篠さんは毒見役という一番毒殺しやすそうなポジションの人なんですが。
わざわざ解決できるかどうかも怪しい時子さんに推理させる意味も分からないし、あの時は綾子様が出しゃばって時子さんを疑いまくってたような・・



とまぁなんだかいい加減な悪の親玉を見出し、それはそれとして芳松君を元気付ける料理作りに戻ります。やる気あるのかこの主人公は。

結局、いつの間にか戻っていた榊先生に薬をもらい、それを使って料理を作ることに。よくあの文章見た後で榊先生を信用できるなこの人。

ちなみに料理を作るのは御膳所にいたおみささん。はりきって作ってくれるのはいいんですが作成途中にチュドーン!っていうSEが入ってました。怖いです。

そしてその後芳松君と話にいくと、芳松君も桃乃さんの仇を討つべく大奥の闇に挑むことに協力してくれるという話に。

その後、榊先生の部屋の近くに行くとイベントが発生し、彼の後をつけることに。今までも何度か発生してる聞き耳イベントが発生。毎度毎度警備が同じ配置なので、特に迷うこともなくあっさり目的地に到着。

辿りついたのは千鳥の間。いつも舞子様がいる部屋です。さっそく聞き耳を立ててみると、舞子様と榊先生と沙月さん。お篠さんの処分について書かれた紙が何者かに盗まれたことについて話しているようです。あぁやっぱり舞子様は敵だった。



・・さて。大奥の黒幕について情報を得た時子さん。さぁこれからどう立ち回るのかと思いきや・・・・一番頭の悪い方法にでました。
何を考えたのか、舞子様と会い、知っていることを全部話したのです。

なんかもう色々台無しです。秘密を知ったら殺すという人がいて、「誰が秘密を知ったのか分からない!」と困っているところへ「それは私だ」と名乗り出ちゃいました。
しかも別に何か解決策があるでもありません。単に事実を知っていることを相手に教えただけです。当然のように事実を知られた舞子様は時子さんを抹殺しようと近付いてきます。


時子さん「舞子様は私を消そうとしている・・・ここで何か、手段を講じなければ・・・」


と、見事に無計画っぷりを晒し、まさにピンチというところで芳松君が登場。桃乃さんの仇討ちを頼んだのは自分であると、時子さんをかばってくれます。果たして時子さんが仇を討とうとしてたかは怪しいですが。

そしてなにやら良心の呵責にさいなまれたのか、舞子様が負けを認め、どうにかその場は解決。将軍の血筋が絶えてしまっていたという事実を隠し続けるために、大奥の闇を背負ってきた舞子様は引退。後に時子さんは舞子様から大奥総取締り役のお役目を引き継ぐことになりました。


さぁこれで万事解決といきたいところですが、どうやらまだまだ問題は残っているようです。そもそも榊先生や沙月さんについては語られませんでしたし、時子さんの家についても結局何も分からずじまい。
これらはちゃんと明かされるのやら・・・と一抹の不安を抱きつつ、ようやく次がラストです。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:01| 兵庫 ☁| Comment(3) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

もう捜査パートと申し開きパートをスキップしたい

皆さんこんばんは。そろそろ大奥記がクリア近くなってきて、これでようやくジャンラインに触れられるのかと思うとちょっと楽しみなイナバです。
相変わらず麻雀のルールは完全に理解できてるわけではないのですが、まぁ「ムダヅモ無き改革」によればイカサマで核攻撃+脳を叩き潰すのコンボで対戦相手を抹殺しても問題ないらしいので、きっとなんとかなることでしょう。


さてさて大奥記は1月に突入。前回はあまりにも適当なお話でしたが、今回はちょっと動きがありました。なんと時子さんが懐妊したとのことです。これはめでたいと、さっそく色々な人に報告に向かいます。

舞子様やお百合さんなど、色々な人に話をしに行く途中、桃乃さんを発見。大見得きって時子さんが殺人犯だと喧嘩をふっかけたあげく、勝手に真犯人が名乗り出るという見事な空回りをかました彼女。気まずいのかあれ以来話をしてくれません。敵として登場したのになんかいるだけの人物です。一番ウザイです。

話しかけても相変わらず無言で、時子さんが「先月あんなことがあったから気まずいわ・・・」と呟きます。いや先月は桃乃さん何もしてません。座ってただけです。


そして散々懐妊の話を言いふらした後、自室に戻ると望春院様からの手紙が届いていました。誰にも見つからぬように望春院様の部屋へ来いとのことです。
どうにもうさんくさいのですが、素直に従って夜に望春院様の部屋に行こうとすると、イベントが発生。何者かに突き倒されてしまいます。

幸い時子さんは平気だったのですが、医者の榊先生に診てもらったところ、お腹の中の子供が死んでしまったとのこと。どうせなら懐妊イベントは先月に回して、しばらくは幸せを噛み締めた方が演出的には良かったんじゃないかなー、とか思いますが、とにかくせっかくの子供は流産ということになってしまいました。

というわけで今回は以前よりもシリアスな感じで、時子さんの子供を奪った犯人を探し出します。
時子さんも「許さない許さない許さない・・・」と、なんだかダークパワーっぽいのが備わってました。

これはもしや、時子さんが暗黒面に落ちるフラグか・・?とか思ってたんですが終わった頃にはわりと普通でした。たくましいな時子さん。


さて。捜査パート及び申し開きパートですが・・・どうでもいいので割愛。
なんかもうどんどん書き方が適当になっていきますが、本当に目新しい事がないので書くことがありません。少しずつ犯人を絞っていくこともなく、アリバイ崩しもない捜査です。捜査っていうか、ただイベントを進行させるための作業でしかないです。

まぁ簡単に説明すると「証拠品を処分しようとするところを見張って犯人発見」という結末。


しかし今回は申し開きの後でなにやらイベントが発生。
どうやら今回の犯人、お佐和さんに指示を出したのは桃乃さんだとのこと。その話を聞いた時子さんは桃乃さんの元へと向かい、話をすることに。
最初は憎しみの表情を(無表情なポリゴン面で)見せ付けていた時子さんですが、桃乃さんの口から驚くべき事実が語られます。
実は桃乃さんの子供は既に殺されており、実の息子だと思っていた芳松君は、まったく関係のない子供だったとのことです。

それを知ってしまった桃乃さんは狂ってしまい(桃乃さんがそれを自分で言うのはどうかと思うけど)、あのような暴挙に出たとのことです。
殺されても構わないが、息子の仇を討って欲しいと頼まれ、そこで1月は終了。珍しく次回に繋がるような終わり方でした。最後くらいは盛り上がってくれるの・・・かな・・・・?


posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(4) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。