2009年12月16日

中学時代に作ったプログラムのバグと同程度なのがなんとも。

KOTYスレを覗いたらどっかで見た文章が書いてあるな、と思ったら自分のブログだったでござる。
皆様こんにちは。せっかくの休日を動画作成と戦極姫に潰すという充実した生活を送るイナバです。

さて。前回ついに織田家との邂逅を果たした我が毛利軍。パラレルなお話とはいえ以前お世話になった所ですから、ここは無益な殺生よりも話し合い・・という名の引き抜きで対処しようかと思います。

まずは当時お世話になった柴田勝家から。彼は織田家の中でも重要かつ強力な人物であり、彼を引き抜けば・・・と思ったのですがなかなか引き抜けません。乱数調整しても上手くいかないのでとりあえず断念。まずは他の武将を引き抜いていくことに。

・・と、ここでバグが発生。6人しか城には入れないのに、引き抜きだとその上限を無視できるようです。
といっても通常だと城が満員だと引き抜きコマンドそのものが使用不能になるはずなのに・・・と思い、色々と検証。なんとなくその仕組みが分かってきました。
ちょっと説明がむずいので、画像を用意しました

理不尽な引き抜き.bmp

こういう状況だと、引き抜きができるのは本来城の空きに余裕のある金ヶ崎のみとなります。
しかし「引き抜き」コマンド自体は国単位で決定し、(この国で引き抜きを行う、というように決定)引き抜きが可能な城が一つでもあればコマンドは実行可能です。
そして引き抜きする武将や対象を決定する画面では上限など知ったこっちゃないらしく、もういっぱいの城(この場合府中)でも引き入れることが可能なようです。

ちなみにこの状態で金ヶ崎の2人が先に引き抜きを行った場合、残りの城はもういっぱいだから不可能だと判断されて引き抜きコマンドが使えなくなります。逆に府中の城から先に引き抜きを行えば最大8回(武将1人につき引き抜きは1回のため)まで使用可能です。
つまり、空いた城さえ用意しておけばかなり無茶な引き抜きも可能です。

そして7人目以降の武将は通常時は画面に映りませんが、城の人数が6人以下になればちゃんと顔を出します。頑張れば20人くらいいる城とか作れそうです。


この現象を見て驚くこともなく淡々と検証した自分はなんかもうかなりヤバイ気がしますが、その後さらにバグが追加。これまた説明が面倒なので画像で説明。スクショ使いたいけどシーサーに怒られる・・

理不尽ななにか.bmp

まずこれが先ほどと同じ越前の国の状況。緑が自国領地で赤が織田軍領地です。


理不尽ななにか2.bmp

まずはあのバカ娘を抹殺するべく府中から北ノ庄に侵攻。野戦で兵を消耗しつつもなんとか制圧。しかし信長には逃げられてしまいました。次のターンに居場所を確認したところ、東の豊原に逃げたようです。(逃亡時点での信長の兵数23)


理不尽ななにか3.bmp

しかし織田軍は元々北ノ庄から府中に侵攻するつもりだったらしく、一度決めたら道なんぞ知らんとばかりに攻め込んできました。しかも信長の兵数は減少前の27。
府中にいるのはほとんど無力なお留守番たちだけ。お隣の一乗谷が無人で、しかも北ノ荘に侵攻するためまさか攻撃を受けるはずがないと思ってました。


理不尽ななにか4.bmp

当然のように府中は落とされ、気付けば侵攻部隊は孤立。しかも先ほどの侵攻で消耗しています。信長は消耗してないのに。

たとえ勝利しようが首をはねるか降伏させない限り無尽蔵に蘇るみたいです。それなんてゾンビ?
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 14:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | 戦極姫(PS2版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

後半はお金が余るらしい。使いまくれ!

ようやく国内が安定しはじめてきました。

ここからは同盟国を囲まないようにしつつ(他に攻める場所がないと同盟を破棄してくるので)侵攻するため、侵攻部隊の数が少なくていいので精鋭たちだけを集め、部隊は2つだけに。
それ以外は「楽市楽座」「治水開墾」なので住民感情を高めつつ余裕があるなら徴兵+鉄砲補充で最前線に。

九州を2分している島津と龍造寺家とは両方と同盟を結んでおき、見事彼ら同士で九州の取り合いをしてくれています。これで南はどちらかが滅びるまで安泰。巨乳メガネの杉田玄白をヒロインに加え、いざ北へ。

そしてついに石川県あたりでかつての主君、織田信長の姿を発見。
20ターンにも満たないプレイだったとはいえ、かつて自分が仕えた家とついに対決する日が来るとは・・・


って、これだとまるで普通のゲームみたいに見えますね。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 20:57| 兵庫 ☁| Comment(0) | 戦極姫(PS2版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

中盤はそろそろ足元を見ないと危険かも

皆様こんばんわ。最近戦極姫に耐性ができてきたイナバです。一応なんとかプレイできてます。セーブロード繰り返しだけど。ヒロインの一人が消えたけど。ていうか別に面白くないけど。・・・あれ、なんでプレイしてんだろう。


まぁそんなこんなで続いてきた戦極姫。気付けば50ターンを向かえ、464万石という強豪にまでなりました。
他の勢力を見る限り、対抗できるほど大きな勢力はなし。まだまだ100万石程度の勢力が小競り合いを続けている状態のようです。向かう所敵なしといった感じ。

しかし自国の内部になると話は別。武将たちは揃いも揃って忠誠が低く、今後の侵攻にも少々兵数が不安なところ。さらには一揆も多くて自国が安定しません。
なのでここからは精鋭だけを集めた部隊を一つ作り、侵攻はそいつらに丸投げ。しばらくは国の平定を目標にしていこうと思います。
今後も登場するであろう兵数50の武将に対抗するためにも、まずは地盤を固めていかなければ・・・・という戦略ゲーっぽいプレイができるようになってきました。我ながら頑張ってる・・!
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:41| 兵庫 ☔| Comment(0) | 戦極姫(PS2版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

このゲームの主要成分はバグ

丹波の国で住民感情バグが発生。あれだけ必死に楽市楽座で盛り上げ、毎ターン兵を要求することもせず、戦国の世にはあるまじき平和な国だと思ったのに、なにが気に食わないのかひたすら一揆を起こしてきます。
こうなると一揆の回避にも乱数調整が必要になるので、その前の作戦フェイズの行動を変えなければいけません。そのため長い城攻めや野戦をもう一度見るハメに。しかもそれで乱数調整完了かどうかは分からないから困ったもんです。

ゲーム全体としてはなんとか軌道に乗り始めました。
元同盟国の支配を優先して憂いを断ち、改めて東に侵攻することにしました。九州は鉄砲バグ部隊で固めておいて引き抜き、使える戦力はどんどん最前線に送り込んでいきます。

敵国の一部を勝手に乗っ取り、敵の武将を連れ出して無理矢理味方にし、手駒として扱う。とんだ悪の組織です。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | 戦極姫(PS2版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

返せ!俺のナーガを返せ!

皆さんこんばんわ。完全にやる気を失っているイナバです。

といっても今日もプレイしてます戦極姫。なんかもうヒロインの一人がいなくなっただけでいきなり行動が適当になってますが、相変わらず引き抜きを使いつつ侵攻中。

しかし、ここで問題が。現在の我が毛利軍は
@大阪から東へ向かうルート
A京都辺りから鳥取、島根辺りの元同盟国を制圧するルート
B九州の入り口を確保しつつ北九州に手を伸ばすルート
と、三つ同時に侵攻しています。(お互いの進路を邪魔しないので、別々のルートを攻めた方が効率が良かったり)

今まではそれでも十分に攻略していけたのですが、ここに来て敵がかなり強くなってきました。兵数50の武将がわらわらと存在します。
しかしこちらの兵数50の武将は3人のみ。(全員引き抜きでゲット)今までは圧倒的戦力で相手が野戦を放棄し、篭城するのを狙っていた(篭城だと鉄砲バグでほぼ一撃)のですがそういうわけにもいかないようです。
こうなると兵数が平均して少なめの我が軍はつらいところ。
鉄砲バグによる鉄壁を利用して篭城して時間を稼ぎつつ引き抜いていきたいのですが、敵の兵数が多いと鉄砲バグをもってしても落城するのが問題。城のレベルを上げないと、って多すぎて処理しきれねぇ!(鉄砲バグはあくまで攻撃力・防御力が異常に増大するだけのようです)

しばらくは侵攻をお休みして地味に進めていくしかなさそうです。



それはそうとヒロインの毛利元就とのイベントが発生。
まぁなんというか「あーPC版だとここでエロシーンに入る予定なんだな」というのが丸分かりな流れ(というか子供が欲しいから頑張って、みたいな露骨なお話)でした。

それはいいんですが・・・
主人公「今日はナーガ達は一緒じゃないのか・・?」
元就「うん。寝かしつけてきた」

・・・ブラックホール城にな!

posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:21| 兵庫 ☁| Comment(0) | 戦極姫(PS2版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。