2011年07月21日

無駄な方向に広がっていく知識

   ○
   │    
  (・ω・) <夏休みの宿題にはぜひともなまくび観察日記を!
  ===
  \_/


皆さんこんばんは。ブログのマスコットキャラを一ヶ月に一回くらいしか思い出さないイナバです。そういやTomakやってる時に作ったねこんなマスコットキャラ。今やブログのタイトル画像にも登場してないけど。

しかし今振り返れば、Tomakはデザインと翻訳以外はわりと良ゲーだったんじゃないかなぁと思います。まぁデザインが全てをぶっちぎってるわけなんですが、今思うとエビアンの反応に一喜一憂しながらあれこれ模索して結構楽しんでた気が。

そしてどこ探しても見つからない…というかどこをどう探せば見つかるのか分からないPC版の続編。やりてぇよぅ…




さて今日も「どんだけスポーツ」です。今日は珍しくちょっと面白かったです。

まずは「ロデオ」

これは制限時間ずっと馬に乗ったままの状態を保つゲーム。
具体的には、DSの下画面に4本のゲージが表示されており、それらのゲージが時間と共に減少。各ゲージの下にあるアイコンをタッチするとゲージが回復。ゲージがゼロになると落馬。即ゲームオーバーではないですが復活には回数制限あり。

つまるところひたすら色んなアイコンをタッチしまくってりゃいいって話なんですが、最初はゆっくりだったゲージ減少がだんだん早くなったりしていくので後半は結構忙しくなります。暴れ馬を必死に抑えてるような感じがしてちょっと楽しいです。ただ、制限時間が70秒と微妙に長いです。



次は「テーブル パト」。


スーパーサッカースタジアム サッカー日本代表チームモデル (リニューアル) / エポック社

スーパーサッカースタジアム サッカー日本代表チームモデル (リニューアル) / エポック社


これはこんなゲームを再現したもの。スポーツじゃねぇよこれ。
内容自体は普通のサッカーではなく、馬でやるサッカーという感じ(ポロ?)。十字キーで馬全部が連動して動き、テーブルの上を転がるボールを弾いて相手ゴールに叩き込めばOK。
反射する物体は馬という形状ですがあんまり違和感のない跳ね返り方をします。鬼帝より優秀です。

ただし、テーブル中央部分がDSの上下画面の間に位置しているので、中央を通るボールが見づらいという問題が。

…で、「パト」ってなんだろう。




次は「スケートボード」

よくある半円状の筒(ハーフパイプ)の中を往復して滑るゲーム。
勢いよく端から飛び上がって、ジャンプ中の技とか動きとかを採点するのがスポーツとしてのスケートボードですが、このゲームでは技とかないんでジャンプの高さこそが重要らしいです。

最初はパイプの中をゆっくり往復するだけですが、動きに合わせてタッチペンを左右にスライドすることでだんだん加速。そのうち端からジャンプできるようになります。20メートルくらいは余裕で飛べます。

そして、空中に謎のアイコンがたくさん浮かんでいて、ジャンプ中にそれに触れている間にタッチするとポイント取得。あとは制限時間それを繰り返していくだけです。


ところで、男性ファッション誌の「Ollie」は、スケートボードの「Ollie」さん(ノーハンドエアリアルという技を開発した人)から取ったのかな?ソースっぽいのが見つからなかったので勝手な妄想ですが。



最後は「カポエイラ」。個人的にはアクション仮面が連想される格闘技です。

これは単純でまずお手本として下画面で点が表示され、それがどんどんと動いていきます。その後先ほどの動きと同じようにタッチペンを動かせばOK。単なる記憶力クイズです。

ちなみに表示される点の動きはとても分かりやすいのですが、その後の入力シーンではやたら判定がシビアで、ちょっとでもズレると失敗となってやり直しになります。

肝心のカポエイラの動きは上画面のさらに上部でちょろっと映るのみで泣けます。



ところでカポエイラをwikiで調べると歴史を感じてちょっと素敵です。一体どうやってこんな格闘技(のようなダンスのような)が生まれたのかと思ったら、色々歴史があったんですね…ちなみにゲームキャラでカポエイラ使いといえば、スト3のエレナとか。




…というわけで、段々ゲームプレイ日記というよりもスポーツ雑学日記になりつつあるような気がするイナバでした。まる。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:40| 兵庫 ☔| Comment(2) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力尽きっぷりがうかがえる

皆さんこんばんは。もうどんだけスポーツのメニュー画面のBGMは飽きたよ!!そんなイナバです。

ちなみにどんだけスポーツのメニュー画面は、101個のスポーツ種目が横一列にずらりと並び、目的のものを遊ぶにはひたすらスライドしまくるしかないという超面倒くさい仕様です。せめてソート機能があればよかったんですが…。

でもゲームの電源切っても最後にプレイしたゲームの位置は記憶しているので、私みたいに順番にプレイしている分には問題はなし。ゲームの出来に涙しつつ面白そうなゲームだけ探そうとすると地獄です。
あーライフルシューティングどこだっけ…探すの面倒くさいなぁ…



それでは今日もいくつか種目を消化していきます。

まずは「柔道」…というか背負い投げ。

力こぶのアイコンをひたすら連打してパワーをため、その後ペンで円を描くようにスライドすると背負い投げを決めます。
当然ながら対戦相手が存在し、相手の方が先に上記の行動を終えると逆に投げられます。まぁよほどサボらない限り負けることはありません。

ちなみに「背負い投げを決めよう!」と説明されているわりにはどう見ても背負ってないんですが、もうそのへんを突っ込む気力すらなくなってきました。


「モトクロス」

バイク。進む。左右スライド。曲がる。以上。

…と、それだけで片付けたくなるいつものパターンのゲーム。障害物や水溜りを避けつつ、バイクでコースを走って星を回収していきます。障害物がやたらデカくてやたら引っかかりやすいんですが、スピード落とされつつも普通にクリアできます。



「釣り」

水中に入った針をタッチペンでスライドさせて操作し、魚へとぶつけることで釣り上げる。びっくりするくらい大量に浮遊するドラム缶を回避しつつ、魚をどんどん取っていけばOK。魚が妙に熱帯魚っぽいのと、どう見てもドラム缶にニュークリア的なマークが付いてるのがすごく気になります。釣ってる場合じゃないよ!!笑えないよ!!



「アイスコラリ」

斧を使って横たわる大木を切る。
斧の柄をタッチしてキャッチ。下にスライドさせて木にぶつけることで少しずつ木が切れていきます。
最初はえんやこーらという感じに一度上に上げてから勢いよく叩き落して木を割ろうとしてたんですが、ヒットさえすれば威力なんかどうでもいいらしく、ひたすらペチペチやってる方がすぐに切れます。なぜこういう時はペンのスピード重視じゃないんだ!!



「クロッケー」

ゲートボールっぽいスポーツ。というかゲートボールの元になったゲーム。
ボールを打って、指定通りに全ゲートを通過させていくゲーム。

ペンをタッチするとボールからタッチしたポイントまでラインが引かれ、ペンを離した時点でそのラインに沿ってボールが発射されます。強さはラインの長さに比例。ラインの長さよりはかなり飛ぶのでそんへんが調整難しいです。
ボールを打つ回数に制限はあるものの、ゲートをくぐるたびに増えていくのでほとんど打ちまくり状態。妙に小さくてボールがギリギリしか通れないようなゲートを目指して狙っていきます。

最後に中央にある杭に当てるゲームだとかそういうルールはどこかへ消えた。



「空中アクロバット」

左右でハンドル。星を取る。以上。

というわけでいつものパターン。今回はプロペラ機で空を飛び、珍しく障害物なし。
ポイントになる星が繋がって大量に設置されており、左右でハンドル操作しつつうまくコースに乗れと言われてるのがいつもと違うところ。

即死の障害物はなく、ハンドル操作が試され、ポイントを連続で取る時の爽快感もそこそこにあり。
というわけで多分このタイプの操作のゲームで一番面白いと思います。







あー。まだか。まだあるのかこのゲーム。もうそろそろ101個いってもいいんじゃないかな。もう私のライフはとっくにゼロだよ!!

でも最近は高速スライド系の操作が減ってきて、なんとなく液晶にも優しい気がしなくもないです。だからなんだって感じですか。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:27| 兵庫 ☔| Comment(3) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

あと2割くらいかな…?

次回マインドジャック動画最終回、とりあえず録画完了〜。
デモシーンが長くて字幕書くの面倒くさいなぁとげんなり中。自分で書く分の字幕はいいけど、ゲームの字幕にあわせたものはコンマ単位でのタイミング調節が…

多分エンディングまで含めて2〜3パートと、マインドジャック関連の小ネタを入れたおまけ的動画(というかやりたかっただけ)を合わせてうpると思います。



それに合わせて終わりたいなー、と思ってる「どんだけスポーツ101」も進行中。今日は時間なかったのでちょっとだけ。


「投げなわ」

DSの下画面にある縄を掴んで上にスライドして放り投げ、上画面を横切るように走る牛にぶつけるゲーム。牛に当たっても捕まえるというよりは毒が塗られているかの如く昏倒するんですが、そのへんは華麗に無視。

問題は、いつものスライド認識。よっぽど勢いよくスライドさせないと飛んでいきません。飛ばしすぎるとそれはそれで牛に当たらないので超面倒です。

ちょこちょこ出てくるこのスライド問題は製作側は気にならなかったのかな…?マッチに火をつけるときくらいにはスピードがいるんですが。



「剣道」

謎のターン制バトル。
下画面には上段に構えた相手の姿が映っており、その画面にいきなりアイコンが出現。それを正確にタッチしていくことで成功となるゲーム。
特に表記はありませんが、お互いの攻撃ターン的なものがあり、攻撃ターンに成功させることができれば一発ヒットさせられます。当たったときには「ボギィ!!」と、竹刀が折れてそうな音が響きます。

上画面にはアクションをする二人が映っており、ひたすら面をポカポカ連発します。シュールなくらいポカポカ面だけを連発します。胴とかは…?



「キックボクシング」

以前とプロレスと似たようなゲーム。各ボタンに割り当てられた動作が違い、飛び蹴りとか上段キックとかが繰り出せます。まぁ何出しても一緒なんですが。パンチとリーチの変わらない飛び蹴りって。

そして妙に敵が強いです。今までこういう系統のゲームは大抵適当に連打すれば勝てたのに、今回はなにやってもこちらの攻撃が潰されます。いまいち判定とかがどうなってるのかよく分かりませんでした。

あと、防御ボタンを押してると何も食らってないのに何かを防いでる音がします。謎です。一体何が飛び交っているというのか!気か!気なのか!






ところで最近ほんとうに暑いですね。しかも台風のせいで雨まで降ってじめじめして汗だくです。
さらに今日は朝から脚立持って走り回ったり荷物運んだりと一仕事したらもう大変なことになりました。シャツがもう汗だくっていうかグシャグシャっていうか「え?なにこの濡れぞうきん」みたいな事に!!

そして暑いのでジュース飲みまくりです。ペットボトル買いすぎです。やばいです。ペットボトル症候群の話しながらガブ飲みとかします。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:41| 兵庫 ☔| Comment(0) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

がっつり!

皆さんこんばんは。気づけば来週の月曜日は祝日なんですね。もう海の日か…そして学生達は夏休みか…超妬ましいぞこんちくしょー。
40連休とかもうマジ何したらいいか分かんないレベルです。私は2連休でさえ持て余すというのに。

とりあえず学生の皆さんはさっさと夏休みの宿題やった方がいいんじゃないかな!7月中に終わらせてしまえば丸々1ヶ月遊び放題かつ友人から神扱いですよ。宿題見せてくれとひっぱりだこですよ。これを期に気になるあの子に接近するチャンスですよ。そして休み明けに先生から「お前他人の宿題写したろ」って言われるんですよ。
違うよ私がオリジナルだよ!って主張してみるけど「写した奴は皆そう言うんだ」的な目で見られるんですよ。酷いや。




さて。そんな微妙に説教くさい事を書きつつ、ひと夏の思い出を作るのは上手いけどろくな思い出を作った覚えのないイナバは今日も「どんだけスポーツ101」を進めるのです。

プレイしてて思ったんですがスポーツを101個集めてルールとか調べてみたとか、何かの自由研究のネタになったりしそうな感じです。そういう時に意外と役に立ったりしないかなぁこのゲーム。名前くらいしか有用な情報ないけど。


ではさっそく前回の続き、「シンクロナイズド ダイビング」から。

これは以前のアクロバットダイビングと同じような、記憶力を試すゲーム。
画面中央にテンキーのようにパネルが並び、ダイビングする前に順番に光ります。そしてダイビングする際に先ほど光った順番通りにタッチすれば成功。一人でダイビングしようが二人でダイビングしようがやる事は一緒というのが泣ける。

どうせなら押すテンポとかあれば「息を合わせる」というのが表現できたと思うんですが…



「ハンググライダー」

今までなんどもボートやら自転車やらで操作してきた、自動で走るキャラを左右に動かしてポイントを稼ぐゲーム。
今回は珍しくスピード調整ができます。十字キーでも操作でき、左右キーで左右移動。上下キーでスピード調整。
ハンググライダーを使って飛びながら、空中にあるリングを集めていくゲーム。固定された点数の低いリングと、左右に移動する点数の高いリングがあり。あとは雷雲がそこらへんを飛び回り、触れると即座にアウト。また死ぬのか!!

左右に移動するリングのポイントが非常に高く、これを多く集めないとクリア目標には到底到達しません。
リングの動きは一定なので近づいたら低速にしてゆっくり回収していけば…と思っていたんですが、このゲームはクリア目標ポイントが妙に高く、低速移動なんか使ってる場合じゃないというバランス。
最初から最後まで高速移動で突っ走り、雷雲を必死に避けつつリングをばんばん回収していかないと間に合いません。結局いつもの左右移動だけのパターンに落ち着きます。



「板割り」

4色のパネルを順番にタッチを繰り返してパワーを貯めて板を割る。単純故に書くことがないです。
まぁ何かのゲームに組み込まれたミニゲームとしてなら単純ながら有りなんじゃないかな、と思います。こんなのだけ101個揃えてゲームになってると知ったら怒られるとは思うけど。



「丸太投げ」

操作できる場面が2箇所。まずは丸太を抱えて規定ラインまで移動する場面と、その後丸太をぶん投げる場面。
丸太投げ自体は左右にふれる矢印が真ん中に来たときを狙ってタッチするというもので、単純。問題はその前の移動するところ。
キャラクターは丸太を抱えたまま規定ラインまで進んでいくんですが、丸太が重いせいか酔っ払いごとく左右にフラフラしています。横から見てる画面なので視覚的には上下ですが。

キャラの左右にあるラインを超えてしまうと丸太を投げることなくアウトになるので、アイコンをタッチして中央に戻さねばなりません。
これがやっかいで、キャラが右(画面上だと下)に行ったから左(画面上だと上)に行かせようと上アイコンをタッチしてもなかなか反応してくれません。
場合によっては1回タッチしただけで方向修正してくれるんですが、場合によっては何度もタッチする必要があったりします。
いまいちこのへんの基準が分からず、修正しようと押してみたはいいけどそのまま反応せずにアウトとか、逆に押しすぎたせいですごい勢いで反対方向に飛び出してアウトとか。

アイコン自体も近い位置にあるせいで連打してると気づいたら押しちゃいけない方を押してたりするので大惨事。
何度か挑戦してみましたが丸太を投げられたのは数回だけ。クリア目標には届かず断念。



「ヨット」

障害物を左右に避けてポイントを集める。以上。

なんかもう何度繰り返したか分からない左右移動タイプのゲーム。思えば最初の方は色んなゲームがあったな…と昔を懐かしんだりするレベルで最近使いまわしばっかり。

一応、突然スピードアップができるアイコンが出現したりするものの、そこまで特徴的でもなく必要でもなかったり。



「ペイントボール」

ピンク色のアレ。自動マーキングスキルに慣れてるとよく持ってくの忘れるアレ。ガンナーだとポーチの都合でよく持ってくの忘れるアレ。

…ではなくて、ペイント弾を打ち出す銃を使った雪合戦みたいなもの。

インベーダーゲームのように壁に隠れつつ左右に動く敵を狙い撃つゲーム。時々弾補充ポイントで補充しないと撃てなくなるのが特徴。
超シンプルになったインベーダーゲームみたいなものですが、このゲームの中ではわりと面白い方だと思います。



「プロレス」

パンチとキックをひたすら繰り出すだけという、プロレスという名のケンカ。

以前のボクシングと同じくキー操作が可能で、十字キーでリング内を移動、Yボタンでパンチ。Bボタンでキック。Xボタンでロープ技が出せます。攻撃してダメージを与え、相手の体力をゼロにすればクリア。

珍しく色々操作できるので楽しそうですが、敵はすぐに接近してひたすらパンチキックを連打してきて、ガードのないこのゲームでは殴られる前に殴るしか対抗手段がありません。パンチもキックも大してスピードに違いはなく、ひたすらガチャガチャやるだけ。
相手の攻撃中にはうまくヒットしないのか、お互いに空振りを繰り返すだけの微妙な空気が流れたりもします。

ここでロープ技を使ってみたいところなんですが…やたら出が遅く、ほとんど常に連打されている相手の攻撃で潰されるため見る機会はほとんどありません。
一応ひたすらぼこられながら連打してるとごくまれに成功し、相手をロープに投げ飛ばせます。その後どうしたらいいかは不明。
特にダメージが大きいわけでもないので、ひたすらパンチキック連打してる方が楽です。これプロレスじゃないなー。



なぜだろう…このゲームやってると「DSでのタッチペン操作って出来ること少ないよねー」って気分にさせられます。スライドとタッチしかねぇじゃん、みたいな。

いやそりゃ当然なんですが、いまいち組み合わせた動きがなかったりそもそもペン操作である必要がないものばかりだったりするせいで、いまいちペン操作に面白みを見出せません。十字キーで操作できるゲームだとちょっと嬉しくなります。

タッチ!カービィとかタッチとスライド操作を合わせてペン操作がすごく面白かったんだけどなぁ。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:22| 兵庫 ☀| Comment(3) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

夏風邪をひいても馬鹿ではないかもしれないが、馬鹿なので夏風邪をひくかもしれない

皆さんこんばんは。飲み物とアイスを貪り、エアコンに頼りっぱなしで夏バテまっしぐらのイナバです。
あー今年も体冷やしすぎで夏風邪とかひくんだろうなぁ。夏風邪ひくたびに毎年「次こそは」って思うけどまたひくんだろうなぁ。「夏風邪はバカがひく」っていう話がちょっと分かる気がする。

そんな事書きつつもエアコンの冷風を浴びながら「どんだけスポーツ101」のお時間です。

まずは「トランポリン」。

これはキャラがトランポリンの上でぴょんぴょん跳ね続け、着地している時にタッチすると大ジャンプ。その後上にいる間にタッチペンをくるくる回すことで回転し、ポイントがもらえるというもの。
特に操作は複雑ではなく、タッチ→くるくるを繰り返すだけでOK。ただ、操作が単純なわりに制限時間が2分と長く、クリアに必要なポイントが高いのでひたすら同じ行動を繰り返させられる事に。
これ、30秒から1分くらいでよかったんじゃないかな…なんで2分間も単調作業を…



次は「クライミング」。

崖の中にポツポツと存在するクリップをタッチして掴まり、近くのクリップを使いながらどんどん上へと登っていくゲーム。
クリップには緑と赤の2種類があり、緑はどれだけ掴まっていてもいいんですが赤は不安定なので素早く次に行く必要あり。
なので進行方向(上)のクリップの位置を把握しつつ進んでいくのが重要なんですが…いかんせん上がすごく見づらい仕様です。

キャラクターはDSの下画面中央辺りに存在し、次にタッチするクリップが下画面の上の方に見えます。そしてその次のクリップはというと、上画面と下画面の間にあるのでどこに存在するか分かりません。
もっとキャラクターが下の方に表示されてればなんとかなったのに…

おかげで「次が赤クリップ」という状態だと、急いでその次に行かなきゃいけないのにどこにクリップがあるか不明です。赤クリップ多いので困惑。

それでも即座に次のクリップを探してタッチすればなんとか間に合うんですが…さらなる問題として、この崖はしょっちゅう岩が降ってきます。

緑クリップに掴まっている間は岩に多少当たっても体力が減るだけですが、赤クリップや移動中に岩に当たれば即座に落下します。また命がけか!

というわけで、急いで進まないといけないのに先が見えないわなんか降ってくるわで色々大変なゲーム。



最後は「ガラッキー」

よく分かりませんが、キャラクターから一定距離離れた場所にピンが転がっていて、そこに向かって棒を投げることで形を変えるゲーム。いまいち何がどうなるとポイント高いのかよく分からないスポーツです。

プレイヤーの操作はタッチペンを上にスライドして棒を投げるだけ。ピンに当たれば形がどんどん変わっていきます。棒をぶつけたらなぜか積み木で作った門みたいに組みあがったりと、謎の変化をしたりしますが。

そして、上へのスライドはかなりスピードを要求されるのかちっとも届きません。
普通にやれば目標までの半分くらい。頑張ってももうちょっと、ってくらいにしか届きません。何回か挑戦しましたが、結局ピンに当たったのは2回だけでした。



マインドジャック動画は本日うp予定でしたが、ちょっと遅れます。なんか頭痛いです。
おかしいな…今日は暑いからアイスとジュースとラーメンだけ食べて後はエアコンの効いた部屋で快適生活を満喫していたというのに(それだ)
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:31| 兵庫 ☀| Comment(2) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。