2011年10月29日

さんを付けろよデコ助野郎ォ!



東京23区制服WARSのキャラクターの特徴:見た目と性格の良さは反比例する。






…そう思っていた時期が私にもありました。



皆さんこんばんは。見た目も性格も酷いキャラが出てくるとは思ってなかったイナバです。今回の「東京23区制服WARS」は、渋谷区を攻略。

ここでは涼子の兄を探すために、渋谷で力を貸してくれそうな人として真行寺霞を尋ねていくお話。結局彼女を仲間にした後兄を探したりはしませんが。いつも兄を探しつつ別の事件を解決して満足しちゃってます。本当に兄を探す気があるのか。

ここでも意味の分からん展開が繰り広げられます。話の流れを簡単にまとめると


・真行寺霞を尋ねてみたら、会話が通じなかった。
・敵が現れたので彼女と一緒に敵を倒したら怒られた。
・夜の工事現場に行ったら真行寺霞が奇声を上げながら柱に向かって背負い投げの修行をしていて、倒れた柱に潰されて病院送りに。
・退院後、もう一度会いに行ったら嫌われてた。救急車呼んであげたのに。
・なんの前触れも伏線もなく突然落ちていた写真を見つけたら突然珍妙な歌を歌い始めた。
・よく分からないけど「落とし前をつける」ということで戦うことになった。倒したら仲間になった。



こんな感じ。何言ってるかわかんないと思いますが本当にこんな感じです。

一応解説すると、彼女は「新世代番長さん」、もしくは「体育館裏の番人さん」と呼ばれていて、いわゆる番長って奴みたいです。ここまで格好悪い通り名を持つ番長は聞いたことないです。しかも「さん」付け。

そして彼女はなんか番長としても間違った認識の持ち主らしく、

「ケンカは信念を貫くための聖なる儀式」
「果たし状を送り、夕方の体育館裏で決闘するのが正しいケンカ」
「ケンカした後は夕日の下でお互いを称えあうべき」
「これらの事は原始の時代から決まっている」
「大勢で敵を攻撃してはいけない」

と、かなり独自の理論を展開してくれます。おかげで会話が通じません。うっかり加勢したせいで余計因縁付けられたり。

そんな彼女は途中前触れもクソもなく登場した写真を見て、いつ失ってたのか分からない自信を取り戻します。

その写真は涼子の兄、来崎竜治の写真。なんと彼は真行寺霞の憧れである「番長オブザ番長」「最強番長」の称号を持つ者だったそうです。兄さん議長とか番長とか色々やってるなぁ。


…とまぁそんな感じでよく分からないまま「涼子の兄は最強番長である」という無駄そうな情報だけ手に入れて渋谷区は終了。一体何が解決したのかも分からない自称番長が付いてきました。




あと、申し訳ありませんが明日は忙しくて更新できないと思います。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:36| 兵庫 ☀| Comment(3) | 東京23区制服WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうどれだけ珍妙なキャラが登場するかを紹介するブログになってますね
Posted by at 2011年10月30日 00:31
ttp://wb.channel.or.jp/system/
発表されてから、ガノタとしてこれがすごい気になる。なんていうか、エンブレムオブとか、そっち系の駄目なガンダムゲーの予感がぷんぷんする感じ。
あー、誰かかってくんないかなー(チラッ
Posted by at 2011年10月30日 03:49
>もうどれだけ珍妙なキャラが登場するかを紹介するブログになってますね


まさにキャラゲーって奴ですね!(キリッ




>あー、誰かかってくんないかなー(チラッ


おい馬鹿やめろはやくもお年玉の使い道は終了ですね

しかし、なんか微妙に面白そうな気も…でも一年戦争的な何かになりそうな気も…

とりあえずシナリオが誰か。それが問題です!

Posted by イナバ@うさうさ at 2011年11月01日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。