2010年07月31日

これほど言いたい事が出るゲームもなかなか

   ○
   │    
  (・ω・) <戦国BSARAが予想以上のぶっ飛びっぷりでびびった
  ===
  \_/

皆さんこんばんは。石田光成で方向キー+△→L1+△ボタンで範囲攻撃を連打してたらキャラが動きすぎてちょっと酔ったイナバです。病み上がりにはしゃぎすぎたぜ。
そして、ある程度分かっていたとはいえまさかロケットランチャーやらゾンビやらレーザーやらガンダムが好き放題暴れまくるというのは恐ろしいな・・・忍者とか空飛んでるし。

あと、毛利元就を見てメガネっ娘じゃない事に違和感を覚えたり、伊達成実を見て「なるみって言うな!」を思い出したりと、完全に戦極姫に洗脳されてます。どうしてこうなった。



さてさて今日は、先日ようやくクリアした大奥記を振り返って全体の感想としたいと思います。

実はこのゲーム、最初は「黄昏のオードをクリアした後なら、戦闘もないし気楽にできるだろう」とか思っていたんですが・・・待っていたのは酷い世界でした。


まず、シナリオ。

父の仇を討つべく、女ばかりの厳しい世界・大奥に入り、そこでのし上がっていくことにした主人公・・・というのはいいんですが、実際のところほとんどそれらは描写されてないというのが問題。
途中で将軍が仇ではなく、犯人が別にいることが分かったり、実は時子さんと同じような境遇だったお篠様が、去り際に忠告を残していったりとかの展開は悪くなかったんですが・・・振り返れば結局酷かったです。
仇討ち関連のお話はほとんど最後だけでしたし、女同士のイジメ的な世界は茜さんの事件くらいでしたし(その茜さんもわりと適当でした)、のし上がっていくにしても異様なまでのスピードでしたし、そのせいか大奥での仕事なんかはほとんど描写されなかったのも問題。気付けばただただ毎月起きる何かの事件を解決してたというだけ。
でも推理ゲーとしては致命的に面白くありません。証拠は証拠になってないし、犯行動機も犯行の仕方もおかしかったりと、意味不明な事が多いです。
特に「将軍の命を賭けてでもお篠様を抹殺する」というのが一番ワケのわからないお話でした。ちょっとでも犯人側の思考を考えてみたら絶対ありえない行動なんですが・・・小学生でも騙されてくれるかどうか。

どうせなら推理なんかしてないで、他の女中の弱みを握るとか、他の人と協力して誰かを貶めるとか、そのへんを入れれば良かったのに・・という感じ。主人公としてはブラックな感じですが、そもそも将軍を殺すために来たわけですし、目的のために大奥に入り、のし上がっていくというわりには時子さんが妙に誠実すぎるのもなんだかおかしいかと。


システム:

とりあえずロードをなんとかしてください。

部屋をちょこちょこ移動させるゲームなのに、毎回あの演出とロードではやってられません。攻略サイト見て最短距離進んでも面倒なくらいです。
ていうかわざわざ3Dにして移動させる必要があったのか?という感じ。ノベルゲーにして、行き先選択させればよかったのにと本当に思います。特にポリゴンがすごいわけでもないし、大奥の屋敷がうまく表示されてたわけでもないし、意味不明。
せめてマップとレーダー的なものさえあれば・・・


グラフィック:

皆そろって無表情な不細工ポリゴン顔です。
どうしようもありません。印象的な顔と言えば茜さんのアレくらいです。
おかげで服装とかでしか印象がないので、どいつもこいつも似たようなもんで思い入れがありません。これが余計に作業感をプラスしてくれます。


サウンド:

わりとマシ・・・かな?少なくとも耳障りではないです。
でもたまにBGMが合ってないことがあります。どうやらその月での屋敷内のBGMというものが決まっているらしく、たとえ事件が起きる前でも暗い音楽が流れる月なら暗い音楽が流れたり。
もはやギャグとしか思えないSEは無いほうがよかったかもしれない。



その他:

自動ドアやら、貫通する障子やらはどうにかならなかったものか・・・
あと、事件に対しての捜査がわりと大雑把で分かりにくいことも。
もう少し段階を踏んで、現在の捜査状況や次に調べたいことなどをモノローグの形でもいいから表示してくれればまだやる気も出たような。
1プレイが微妙に長いのもわりと辛いところ(1月クリアに攻略サイト見ながらで1時間程度。情報なしなら数倍はかかると思う)。




・・という感じで、気楽に構えてたのに思った以上に酷かったです。

行動がいい加減な犯人と目的がいい加減な主人公が、いい加減な証拠といい加減な難癖をもっていい加減に解決するという、とてもいい加減なお話でした。

どこをとっても説得力がないというのが酷いです。黄昏のオードだって回り道の回り道の回り道だとしても行動の理由くらいは理解できてました。

そしてなにより、製作スタッフが大奥に全く興味なさそうな感じがひしひしと伝わってきました。なんで作ったんだろ。

言っても詮無い話ではありますが、年によってはクソゲーオブザイヤーになってもおかしくなかったのではないだろうか・・と思える作品でした。
皆さんも機会があったら是非買ってみてください。きっと愛犬が喜ぶことでしょう。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:03| 兵庫 ☁| Comment(4) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも企画そのものがおかしかったんでしょうね、大奥記は
延期してまで発売した理由はなんだったんだろう。これもコンコルドの誤りというヤツか…
Posted by at 2010年07月31日 08:40
お疲れ様でした。
なんで作ったんだろ・・・に関しては前にも誰か言っていたような気もしますが「やらない夫 大奥記」で検索すると分かるかもしれないです。
アレを読むとクソゲーってこうやって量産されるんだなあというのが分かるような気がします。
Posted by at 2010年07月31日 09:04
あれ読むと大奥記が凄く可哀想なゲームに見えてくるって言うか・・・
とりあえずただクソゲーwと笑えなくなった俺
Posted by at 2010年07月31日 14:29
本当はもっとエンディング分岐やストーリーが多かったらしいですよ
データを解析したら島流しにされるシーンとか、本編に一切出て来ないキャラとか大勢出て来たらしい
それを無理矢理やり直したらこんなで気になるわね
Posted by u at 2014年09月18日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。