2010年07月30日

そもそも将軍に頼めばよかった気がする

   ○
   │    
  (・ω・) <レッツパーリー!!
  ===
  \_/


皆さんこんばんは。プロジェクトDIVA2と戦国BASARA3を買った途端に風邪が治り始めたイナバです。恐るべしゲームの力。

とは言ってもまだ買っただけで封も切ってない状態。さっさと大奥記を終わらせてプレイしたいです。
戦国BASARAは元々あんまり興味なかったんですが、ゲーセンでの格ゲーやらニコニコ動画に上がってるMUGENやらでなんとなくキャラに興味がわいてきました。
ちなみに一番好きなのは奥州筆頭。中の人的に。
そして次は真田幸村・・・というか、彼の「おやがださま〜!!」という悲鳴。なんだろうあの声。すごく癒される。



さて。そんな夢溢れる話題はともかく、夢も希望もない大奥記のお話です。

3月に入り、ついに大奥総取締り役となった時子さん。総取締り役のみに与えられた千鳥の間で、ついにここまでのし上がった事を噛み締めます。
もはや大奥内においては時子さんに逆らう人物もほとんどおらず、大奥に秘められた闇を探ることもできることでしょう。なんか女中たちがみんな同じセリフしか言わないけど
ちなみに「大奥の闇」というのは時子さんが付けた無闇に壮大な呼び名です。父の仇のことだったり桃乃さんの仇だったりと微妙にブレるので、とりあえず悪だくみっぽいのは全部「大奥の闇」って呼んでるんだと思います。

最初は父の仇を〜とか言ってたのに、途中から桃乃さんの仇を〜となり、いつの間にか父上を放り出して芳松君替え玉事件の真相を探ってました。父上は枕元に立っていいと思う。


というわけでまずは前回打ち倒した舞子様、榊先生、沙月さんに情報を聞くことに。ていうかまだいたんだお前ら。

・・・ちなみに、彼女たちに話を聞く前にも何人かの女中から話が聞けるのですが、世継ぎが替え玉という事実は意外と色んな人が知ってました。全然隠せてないよ!

途中で「当時の小姓が芳松君を殺した」という情報を得て、舞子様に話をすると「榊先生が知っているはず」と言われます。
そして榊先生に聞きにいったんですが・・・・忘れたとか言われました。

忘れたって・・・・いかに榊先生が老人といっても、やたらうさんくさい話です。彼らは犯人が誰だったのかろくに覚えてないような事件の隠蔽をずっと続けてきたというのでしょうか。
誰かにその事件のことを聞かされて隠蔽工作を行っていたのならその人物についての情報があってもいいでしょうし、事件も何も知らないけど気付いたら世継ぎが入れ替わってたからよく分からないままに隠蔽してる、というのはかなり不自然な状況です。

可能性としてありそうなのは、誰かが彼らに指示を出し、彼らがその人物について隠しているというパターンですが・・・・と、ここまで頭を使ったところで、このゲームにそんなこと期待しても無駄だと思って考えるのをやめました。


アテにならない二人を放って、沙月さんの所に行く前に、なにやら廊下に見かけない着物の人がいたので話かけてみると、どうやら以前大奥にいた人のようです。当時の話を聞いてみると、沙月さんが元小姓であったということが分かりました。
分かったのはいいんですが・・・せっかく総取締り役まで上り詰めたのに、特に権力とか関係ない余所から来た人に情報をもらうというのはどうだろう。昇進したありがたみゼロです。強いて言うならスタート地点がややこしい側室ブロックから千鳥の間に移り、移動しやすくなったことくらいです。


さて。なにやら疑いの強くなった沙月さんに話を聞きに行くのですが、どうやら体調が優れないようなので話を聞くのはまた今度ということに。仕方ないので他で情報を集めます。


色んな人に話を聞いていると、どうやら最近沙月さんの様子がおかしいとのこと。舞子様達との企みがバレた辺りから落ち着かない様子で、御火乃番のおさきさんに何かを打ち明けていたという話です。
おさきさんに話を聞いてみると、井戸に幽霊が出るとなにやら怯えていたとのこと。怪しく思った時子さんは、おさきさんに井戸をさらってもらうように頼みます。
後日確認に行くと、井戸の中から白骨が見つかったとのこと。おそらくはこれが本当の世継ぎの骨なのでしょう。

そしてお百合さんから、沙月さんが昔、あやまって芳松君を縁側から落としてしまい、死なせてしまったということを教えてもらいます。

さらに「お夕さんも元小姓」という情報を得て話を聞きに行くと、以前大奥の上層部が替え玉についての密談をしていたという話が聞けます。順調に捜査は進んでますが、順調に時子さんは大奥入りした本来の目的を忘れてます。

・・・と、ここで思わぬ事実が。
死んでしまった世継ぎの代わりに用意された替え玉の本名は、銀之助という名前だとのこと。子供の頃に死んだと聞かされていた時子さんの弟と同じ名前です。

そしてとどめに、沙月さんの後を付けて行った先で、犯人と思われる人物たちの会話を盗み聞き。
なにやら調べまわっている時子さんに対し、そろそろ消えてもらわねば・・・などと話しています。
話しているのは沙月さんと望春院様と、最近なんだか意味もなく登場してた老中の男性の三人。
さらにその話の中で、用意された替え玉は時子さんの弟で、その事実を隠蔽するために父は殺されたとのことです。


・・・というわけで無理矢理まとめられた感もありますが、なんだか色々分かりました。
あとはこの情報を持って将軍の下へ行くなり、いっそ乗り込んで恨みを晴らすなりすればいいんですが・・・・


この女、またやらかしました。



またもや犯人たちを呼び集め、知っている事実を全部話しやがりました。
またもや台無しです。
沙月さんは問い詰められたら見事なまでにうろたえてあっさり事実を認めますが、老中の男性は自分の責任ではないと言うばかりだし望春院様は「へーそーなんだ」的な姿勢を貫くばかりでちっとも自分が犯人だとは認めません。

といっても大奥記に出てくる人たちは揃いも揃って素直な連中ばかり。最後まで情報を並べ立てると、望春院様も事実を認めます。まぁ認めたところで殺されるだけなんですが。


というわけで前回の失敗がまったく生かされてない時子さん。しかし今度は将軍が登場。将軍の血が絶えたという事実を隠すためとはいえ、望春院様の行動を残念に思い、たとえ血が繋がっていなくても芳松君を世継ぎとして育てていくと告げます。

最後は望春院様が自ら毒を飲んで自殺。綺麗な形とはいえませんが、大奥に潜む一連の事件は解決となったようです。







そもそもまだ将軍は健在なんだから、将軍家の血が絶えたわけじゃないのにとか考えちゃだめです。




なんかもう文章長すぎて日記書くのが重いので今日はここまで。
明日全体の感想とか思い出しツッコミとかあったら書きます。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:01| 兵庫 ☀| Comment(7) | 大奥記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした!
早く夢溢れるゲームで癒されて下さいね
Posted by at 2010年07月30日 00:37
MUGEN動画で筆頭なら自分は師範代の人の 力が勝手に…大会が大好きです。
大奥記お疲れ様でしたw
Posted by at 2010年07月30日 00:55
お疲れでした。体調不良は大奥記の呪い?恐ろしや・・・

BASARAはいいですよね。ぜひ忠勝で暴れてくだせぇ
Posted by at 2010年07月30日 02:37
バサラですかー。
あんな楽しいゲーム買っちゃうと今後のクソゲーライフがさらに苦痛になる予感が・・w
Posted by ゆびおれ at 2010年07月30日 08:24
大奥、最後までアレなんですね。
将軍は不能にでもなったのかな?←

ばさら羨ましい・・・(ハード持ってない奴←
しかしクソゲーではないからここではレビューされないかな、残念。
是非楽しんでください!
Posted by at 2010年07月30日 10:52
イナバさん、お疲れ様でした!
BASARAもいいけど、ミクも音ゲー初心者にも優しい仕様で面白いですよ
良ゲーで存分に癒されてくださいね!
Posted by at 2010年07月30日 17:55
>お疲れさまでした!
>早く夢溢れるゲームで癒されて下さいね

ありがとうございます!さっそく戦国BASARAやって酔いましたけど!


>MUGEN動画で筆頭なら自分は師範代の人の 力が勝手に…大会が大好きです。

まさか同じ動画を見てる人がいようとは・・!
師範代の人は面白いルール開発しすぎです。あの才能が妬ましい・・


>BASARAはいいですよね。ぜひ忠勝で暴れてくだせぇ

なんか忠勝だけゲーム間違ってる気がします。ガンダムVSガンダムに紛れてても許されそうです。


>あんな楽しいゲーム買っちゃうと今後のクソゲーライフがさらに苦痛になる予感が・・w

楽しいゲームをたまにはやらないとだんだん感覚がおかしくなってくるんです。ほっとくと黄金の絆が面白いとか言い出します。危険です。


>将軍は不能にでもなったのかな?
>クソゲーではないからここではレビューされないかな、残念。

ちょっと前に時子さんが妊娠したりしてるんで、多分大丈夫だと思うんですが・・・
あと、クソゲー以外も色々書きますからね!?たしかにクソゲーとの比率はおかしいですけど。


>良ゲーで存分に癒されてくださいね!

ここでめいいっぱい癒されて、その思い出を胸にジャンラインに挑むつもりです。言うなれば砂漠のオアシス。
普段が酷いゲームばっかりだけに、良ゲーやってる時の爽快感は半端ないです。
Posted by イナバ@うさうさ at 2010年07月31日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。