2010年02月14日

四八マン立体化計画とか

四八マン.jpg

1/144四八マン、(なんとなく)完成。


いやー素晴らしい。なんといっても白い紙の上に棒を並べるだけという親切すぎる組み立て方。ニッパー等を持っていない人でも、小さなお子様でも簡単に組めます。
そして、ゲームのしょんぼり感を見事に再現した迫力の可動箇所ゼロ。うっかり触るとバラバラになるという空しさがなんともいえません。

さらになんと設定だけに終わったという幻の武装である「四八サーベル」が付属。パーツの置き換えによりなんとなく完全再現です。

四八サーベル.jpg



しかも、まさかの四八マン(トランザムモード)も再現可能!


四八マン(トランザムモード).jpg

これでお値段はたったの48万円!さぁ今すぐおもちゃ屋さんへ急げっ!







・・・てな感じでセブンソードを作った時の余ったランナーを適当に並べてみたらそれっぽくなりました。せめて接着剤くらいは使ってあげてもよかったかなぁ、とか思います。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:21| 兵庫 ☁| Comment(3) | 四八(仮)色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1/144ってことは、実物の四八マンは
すごいでかいのか・・・
Posted by at 2010年02月14日 23:05
きっと30メートルくらいあります。
奥行きは1メートルくらいですけどね☆
Posted by イナバ@うさうさ at 2010年02月15日 21:53
ランナー置いただけかいwww
ヨンパチマン・ジャッシー・オプーナさんの三将軍揃い踏みが見てみたい。
Posted by at 2010年10月02日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。