2009年08月25日

プリズマティカリゼーション日記6


EDまで辿り着く気配、ゼロ。



なんかもう「△ボタンを押してるとたまにスキップできない何かを見かけるゲーム」って感じです。
ある程度仕組みが分かってくるといろいろとできることが増えていくのですが、その分保存できる「状況」が増えます。
しかしこちらの保存できる数は変化がなく、しかも珍しい分岐の先で保存した「状況」は同じく珍しい分岐の先まで行かないと開放されないことが多く、△ボタンを押すだけの作業がどんどん増えていきます。

どうにかこうにか必要な要素を集めていき(何が必要なのかわかってないのが問題ですが)、おそらくはある一定のパターンになる瞬間を目指していくしかないようですが・・・

延々と続く同じループの中、段々と状況の開放も保存もできなくなり、どうしたものかと考えながら再スタートすると・・・

!?.jpg

なんかいきなり全部すっからかんになりました。


まさかこれは必要な「状況」が揃い、個別のルートに入ったということか・・!?とドキドキしたのも束の間、始まるのはいつも通りのループ。


・・・単に詰んだだけだったみたいです。




なんかもう、無理です。いろいろと無理です。
閉じられた世界の中、正解をかき集めてどうにか糸口を見つけていくというのは「SIREN」の春海救出エンドに似たような雰囲気がありますが、絶望感が段違いです。どうあがいても、絶望。
ループ物でいうと「ひぐらしのなく頃に」の富竹気分。



サービスシーン.jpg

この女・・・できる!.jpg

この子はぜったいはいてない.jpg

腰痛になる気だとしか思えない持ち方(by書店員).jpg


でもたまにこういうCGが出てきてやる気を持続させようという鬼畜仕様です。

posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 21:21| 兵庫 ☀| Comment(0) | プリズマティカリゼーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。