2011年12月01日

車はどこで出てくるんだろう

〜イナバ市長の日記〜


2011年11月30日

何もない平野から始めた街の開発だが、今の所は大した問題もなく順調に軌道に乗っている。問題が発生するというシステムがないからなのだが、まぁ私の手腕のおかげなのだと勝手に納得しておこう。俺すげぇ。

あれからも住宅を増やし、受け入れ先を増やすことでさらに住民が追加された。およそラーメン屋とモスバーガーくらいしかない街であるが、気付けば最初に与えられた200人という目標に届いていた。何が魅力なんだこの街。市役所とか警察も消防も医者もないのに。

いや、そういう施設がないことで得する人たちが集まっているのかもしれない。泥棒とか放火魔とか闇医者とかなら喜ぶのかもしれない。そんな連中が集まる街はイヤだなあ。(一応、将来的には建てられるらしい)

そして200人に到達すると同時に、ステージ1クリアとなった。次はこの街をさらに開発し、500人を目指せとのことだ。
クリアのご褒美に、新たな物件を建てられるようになったり、2段ジャンプが可能になった。


…2段ジャンプと聞いて、皆何事かと思うだろう。実際、私も驚いた。街を開発するゲームで2段ジャンプってなんやねん、と。

しかしこれはキャラクターを操作し、街をぶらつくモードで使用できる機能で、これを使えば屋根の上に登ったりできる。地味に嬉しい機能だ。



せっかくなので街をぶらついてみることにした。方向キーでモードを切り替え、街を歩いてみる。
操作するのは全身黄色の謎のスーツを着た男性。多分市長である私である。

もうちょっといい服なかったのかと思うのだが、着替えるなんていうことはできない。仕方なくそのまま街を駆けていく。時速80kmくらいで。

おそらくは街中を歩く際にストレスなく色んな場所へ行けるようにとの気遣いだろうが、いくらなんでも速過ぎる気がする。のんびり歩道を歩いていこうと思ったら家も道路もなにもかも突っ切って街の端までぶっ飛んでしまっていた。

まぁ実際のところ眺めてみてもさほど発見があるでもなく、住民のつぶやきに耳を傾けてみてもスーパーどうでもいい事しか言わないし、開発のヒントになりそうなものはない。
せめて住民の生活を追ってみようかとも思ったのだが、どれもみんなほとんど同じ格好だしセリフはどうでもいいし目的地に着いた途端一瞬で画面から消えるしで、あまり楽しくはない。
学校帰りと思われる子供たちの集団が住宅地へと駆けていき、皆それぞれの家に帰って(消えて)いくのになんとなく懐かしい感じがしたくらいか。学校とか建ててないけど。

仕方ないので街を超高速で走りまくったり路上で寝たり、電車に向かって体当たりしてヒマを潰した。


…そして、街を歩いていて気付いたことがある。車が走っていない。

大きな道路もあるし、住宅もたくさんあるし、車の1台くらい走っていてもよさそうなものだが…一切そんなものは見当たらない。信号と横断歩道はあるのに。

仕方ないので、せめてものバスの路線を作ることにした。
街の外れの道路沿いにターミナルを設置…したかったのだが、なぜか置きたいところにおけないので、仕方なく適当な位置に設置して道路を引っ張ってくることで解決した。

その後はバス停の設置だ。これがなくては始まらない。

…だが、どうもバス停は4車線の道路にしか設置できないらしい。あいにくこの街には4車線の道路なんか2本しかない。街の中央に十字に存在する2本だ。そんなにたくさん並べるほど大きくない街だし。

結局、バスは街の中央あたりをうろうろするだけの役に立たない路線を走ることとなった。しかも駅前には止まらない。


まぁ作ってしまったのを即座にぶち壊すのも可哀想なので、しばらく放置しておこうと思う。そのうちモスバーガー3号店に変えようと思う。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:12| 兵庫 ☔| Comment(7) | 街ingメーカー4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。