2011年11月27日

どうしてこうなった

THE 無駄遣い.JPG



シャドウゲイトをやる予定で通販で買ったのに、届いた時には街ingメーカー4を買っていた。

何を言ってるのか分からねーと思うが、私も本当によく分かんない。
なんというか、給料日後の(一時的に)重たい財布が呼んだ不幸というか、オススメされたら買いたくなってしまうという私の無計画さというか…


でも…うん。まぁこれもアリなんじゃねーかな!
あんまりプレイに時間かからなそうだし、日記書きながらラスリベとかEXVSとかできそうだし!やっぱクソゲーだと分かりきってからゲーム買うよりは、新作を情報少ない時に買って色々調べてみるのも楽しいもんだし!(若干出遅れてるけど)
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:22| 兵庫 | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚いなさすが忍者きたない




あぁ…篝火だ…癒される…



そんな感じで今日も今日とてダークソウルです。
今回は今まで敬遠していた(ていうかフルボッコにされてた)侵入してきた他のプレイヤーとの戦闘にも挑戦しようとしています。
魔術は基本的に発動までに時間があるのでそうそう当たらず、しょぼい剣と魔術くらいしか攻撃手段のない今は正直辛いんですが、それでも対抗手段はあるはず!ということで色々考えてみました。



作戦その1:恐怖!黒ひげ危機一髪返し!

敵が侵入してきたのを確認したらすぐさま「照らす光」の魔術で光を放ち、大いに目立ちながら「擬態」の魔術でそのへんの置物へと擬態。

本来、「擬態」は地形に紛れ込んで身を隠す魔術ですが、「照らす光」のせいで異様な存在感を発揮します。その状態でちょこちょこ動けば、相手はもうネタに違いないと思うことでしょう。

そして相手が油断して近付き、攻撃を加えようとしたところですかさずパリィを発動、相手の攻撃を弾き、華麗に反撃を決めるのです。
これならクリティカルで攻撃力の不足も補えるし、不意を付けばこちらがペースを握ることも可能のはず!


…ただ、肝心のパリィを失敗したらただの馬鹿になるという諸刃の剣。




作戦その2:馬鹿め!そっちは分身だ!

侵入されそうな時に、あらかじめ「擬態」で化けられるものを把握しておき、同じものを探しておく。
そしたらそれ(樽とか)の周りに七色石をポチポチと並べます。光輝くイルミネーションに囲まれた樽は、見逃しようがない露骨に怪しい物体となります。

そしてプレイヤーはこっそりその近くにある樽へと擬態。怪しい樽に惹かれる愚かな侵入者を背後からブスリ、と一撃!これで勝ったも同然に違いない!



作戦その3:リフトさんやっちゃってください

センの古城にある、乗ってたら針天井まで運ばれるリフト。あれの出口で盾構えて待ち構えて、意地でも通さずに耐えたらリフトさんが侵入者を串刺しにしてくれる気がする。




と、色々考案してみました。全体的に卑怯な方向に走っているのは気のせいです。
だって月光やら上級魔術がないうちは勝てる気がしないんだもん!


そしてそんな感じで待ち構えてたら、いつもはしょっちゅう来る侵入者が一人も来やがる気配がありませんでした。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:16| 兵庫 ☀| Comment(10) | ダークソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。