2011年11月04日

来崎竜治、一体何者なんだ…

「東京23区制服WARS」クリアしましたー!







どうしよう。書くことがないよ…


えぇもうなんていうか予想通りの展開だったというか予想通り予想以上に悪かったというかなんというか、という感じです。

えぇ涼子=竜治でしたとも。かつて竜治(本物)がいなくなってしまった時、その寂しさを誤魔化すように兄のコスプレしていた涼子が全ての犯人だったですよ。ただの構ってちゃんですよ。
亜美も主人公も近くにいなくて寂しかったとか呼べばいいじゃねぇか!
なんでわざわざ面倒くせぇ頼みごとしたりヘブンと戦わせたりしてんだよ!っていうか亜美をさらった理由が本当に分からないよ!何がしたいんだよこいつは!

しかもボコった後はしれっと兄に乗り移られてた的なノリで誤魔化すなよ!兄を演じてたって自分で言ったじゃん!自分で兄ごっこして「制服の恐ろしさに気付いて無力化しようとする竜治」を演じてるくせに涼子本人はそれに反対してヘブンと戦うとかもうなんなのこの娘!今までのキャラが可愛くみえるくらいの電波だよ!!



…というわけで、涼子をボコったら色々解決しました。伝説の制服とかオープニングからちょくちょく話題に上ったりしてたんですが特にそういう物が登場する気配もなく(一応、ラスボスである涼子の装備してた制服が伝説の制服っぽい。ランダムで属性が変わる代物で、もちろん不利な属性になることもあるのでただの変な服)、なんか全ては解決したんだといいから納得しろと言わんばかりの展開が始まりました。

その後はエンディングに突入。沖縄に帰ろうとする主人公の前に、今まで仲間になったキャラクター達が登場します。亜美と涼子は出てきません。(多分選択肢によっちゃ後で出てくるのかも)

今まで散々電波を飛ばして日記のネタになってくれた彼女たちですが、最後には一人ずつ順番に登場して「あなたのことが好きだったけど仕方ないから諦めるわ」的な、別れ際にそういうこというのいちいち面倒くせぇからやめてくれな感じの精神攻撃を繰り出してきます。

ちなみに例のテキスト送り不能状態も含め、セリフも長いので最後まで見るのには結構時間がかかります。もうさっさと船に乗って逃げろ主人公。


一応そんな彼女たちの話を聞いてみると…

真行寺霞:
体育館裏の番人さん。一緒に番長やろうとか言うセリフはどうかと思うけどわりと可愛かった。家ではお嬢様だという謎の設定はまったく活かされてない。

清水さやか:
ドM。「あんたと一緒に動物たちに餌をやる夢を見たけど夢は夢だよね」ってそういう告白はやめてください。

天野香織:
ダジャレ女だけどダジャレは最初しか使わなくてただの気弱なスタンド使いだったのでそれなりに可愛かった。「うちの神主になりませんか!」という告白はなんか新しい。

遠藤美咲:
電波メガネ。キモイ。

柊瑠華:
過去回想シーンでずっと追い求めていた被写体とはなんだったのか明かされてないよ!
でもまぁ最初の電波以外は可愛いです。

神無月小夜:
彼女の告白シーンに辿り着くまで長すぎてもう力尽き、あんまり話聞いてない。

藤堂麗羅:
同上。ていうか別にいなくてもよかったんじゃないかと思ってる。


そんな感じでみんなが告白し終えた後、彼女たちの中から誰を選ぶか決めさせられます。
一応「誰も選ばない」という選択肢もあるものの、正直さっさとここから逃げ出したい気分ですが…とりあえず最初以外はまともだった柊瑠華を選んだところ、一緒に記念撮影しておしまい。あとはスタッフロールが始まりました。亜美と涼子の出番は犠牲になったのだ…




あ。昨日の日記にある、次にプレイするゲームやブログ移転についてのアンケートは明日の更新くらいまで受け付けてますので、お気軽にコメントよろしくです。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 21:41| 兵庫 | Comment(6) | 東京23区制服WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。