2011年09月07日

クソゲーがないから良ゲーをやる、という間違った行動

Yahoo!トップのニュースの「台風被害 牛500頭超流される」という記事を見て、増水した川に飲まれ、超高速で下流まで流されていく牛の姿を想像した。


皆さんこんばんは。絶対どっかの誰かが書いてそうなネタでも気にせず書くイナバです。メガドライブはまだ来てません。まだか!まだ届かないのか!私は我慢弱い男だ!!

というわけで今日はまったり(今更)デッドライジング2とかプレイしてました。

元々デッドライジングはプレイしてなくて、最近動画見てやりたくなったので買ってみたんですが…楽しそうに見えて意外と攻略難しいですね、これ。途中で面倒くさくなってケイティーに薬あげるのやめました。
やっほぅシナリオ進行不能になってフリーダムだ!さぁ暴れよう!シナリオはレベル上げてからやろう!


そんな私のプレイ記録:

○メンテナンスルームの鍵をゲット。アイテムを組み合わせることができるようになり、とりあえず釘バットを持てるだけ作成する。アンリミテッド・釘バット・ワークス。

○大量の武器を抱え、見かけた敵をひたすらぶん殴って無双気分で遊んでいたら気付くとゾンビの群れの中、武器は素手のみ。

○体力がないよ!食べ物は!?食べ物はないの!?

○あぁ食べ物見つけた…ってケチャップは武器なのかよ!?

○疲れている時にプレイして3D酔い。気分悪くなったのでセーブして終わろうと思うも30分ほどトイレ発見できず。

○セーフハウスどこー?

○サバイバーを殴り、サバイバーに殴られ、色々大ピンチ。

結局サイコパスにサバイバー殺される。

○このカジノはどのカジノだ…どこに行けば帰れるんだ…



…という感じで素敵に迷走してます。とりあえず地図が読めないのをどうにかした方がいい。
オフザレコード発売までに地形くらい覚えておこうと思ったのに…


ところで今更な話ですが「うたの☆プリンスさまっ♪」のキャストが私にとってクリティカルすぎてすごくヤバいです。乙女ゲーは声優がすごく豪華でいいなぁ。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 21:55| 兵庫 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガストちゃんの黒歴史?

昨日買った「ウェルカムハウス」やってみました。ていうかクリアしました。
なんというボリューム感…


このゲームはある日おじさんの家に呼ばれた主人公・キートンが、おじさんの道楽で作られた仕掛けだらけの屋敷に閉じ込められ、謎を解きつつなんとかおじさんに会い、最後に脱出するというもの。

「超クソゲー」にも載ってたソフトなのでちょっと気になってはいたんですが、いざプレイしてみると結構面白かったです。
操作方法はバイオそのものですが戦闘どころか体力という概念がなく、ダメージ受けて死亡したりするようなことはありません。探索部分だけを抜き出した感じです。
転んでピヨピヨしたり滑ってピヨピヨしたり壁に挟まれてペランペランになったりするだけで、ゲームオーバーになったりはしません。ゾンビもいないのでホラー嫌いな人でも平気。

そして進める地形を探してアイテムをくまなく探したり、拾ったアイテムを使う場所を考えてみたりと、「脱出ゲーム」みたいな感じもします。当時(1996年)だとこういうソフトは珍しかったのではないでしょうか。いかんせんランダム要素がないので初回プレイ以外は面白くなく、値段に見合ってるとは言いづらいですが。

全体から漂うカートゥーンなノリと合わせて、「暗くない探索ゲーム」としてかなり貴重な存在かもしれません。思わず感心してしまいました。ガストちゃんさすがですの!!


まぁキャラの動きが遅いとか平行移動できないとかトラップにかかったときに聞こえてくる笑い声がすごいムカツクとか全部の仕掛けを解いてもまだ終わらないとか、ランダム要素がないとか気になる点もあるにはありましたがゲームとしては面白い部類だと思います。
2が出てたってことはそれなりに人気もあったのかな…?




…しかし、これ作ってた会社が十数年後にはロロナのアトリエとか作るんだなぁと思うとちょっと胸熱。


posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。