2011年09月19日

ソードオブソダン感想

皆さんこんばん…は?変な時間に更新のイナバです。
今日はソードオブソダンについての感想と、個人的攻略法なんかをまとめておきます。


とりあえずプレイしたうえでの感想から。
まだ難易度EASYくらいしかクリアできてないわけですが、正直「結構面白い」という感想。

圧倒的人海戦術、容赦のないトラップ、イジメのような弾幕、操作性の悪さ。これらは最初に見たときはかなり強烈で、思わず投げ出したくなってしまいます。
しかしそのどれもが一応の対処法が用意されている、というのがポイント。

人海戦術には突き攻撃による敵押し出し、トラップには最低限の目印、弾幕にはポーションや画面端の小技、操作性には立ち回り。

これらを使い分けて状況毎に対応していけば安定したプレイが可能になります。

「ポーションが余っている。残機9だからこれ以上増やせないし、ここでわざと死んでから体力回復してから残機増やそう」
とか、
「ステージ2、3ではステージ5のために黄ポーションを集めておく」
とかの、先を見据えたプレイなんかも出てきます。

おかげでアクションでありながらもパズルゲームみたいに手順を決めていく要素があり、そこにランダムに出現するポーションをどう組み合わせようか、という要素が合わさって最強に見えます。

もちろん適当なグラフィックやBGMのないステージ、酷いエンディングなど悪い部分もあるのですが、他のアクションゲームにはない何かがある気がするのも確か。
一言「クソゲー」と判断して放り投げてしまうにはちょっと勿体ないゲームだと思います。1プレイや1ステージが短く、再プレイしやすいのもポイントかもしれません。



長くなりそうなので攻略は別記事に分けときます。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 05:43| 兵庫 ☁| Comment(2) | ソードオブソダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ラスト:弾は剣よりも強い

皆さんこんばんは。今更ですが「重鉄騎」の存在を知り、kinectが欲しくなってきたイナバです。


さて今日はついにソードオブソダンのラスボス戦です。

ラストステージはいきなりボスが登場。ステージ3の冒頭でちょっとだけ姿を見せた巨大生物です。


イス.jpg


見た目はこんな感じ。
個人的感想は「ガンタンクの化け物」、妹に見せたら「椅子みたい」って言われました。

こいつの攻撃方法は3つ。
プレイヤーが遠距離にいるとお腹(?)から光の弾を発射。
近距離にいると短い手を前に突き出して攻撃(足の先端よりちょっとだけ前に伸びるくらいの短さ)。
さらに遠近両方で時々、謎の虫を召還してきます。


それぞれの対処法は簡単。

遠距離攻撃はジャンプすればOK。発射ペースもそれほど速くなく、余計なことしなければ余裕でかわせます。
近距離攻撃はしゃがめばOK。
謎の虫は一旦距離をとって上段攻撃で対処。弾幕と合わさると危険ですがボスを画面から追い出せば弾も飛んでこないので安全です。

ちなみに虫を倒すとたまにポーションを落とすため、粘ればここで残機を増やすこともできます。
特に「ボスが画面端にちょっと映ってるだけ」という状態だと、「弾は飛ばないけど召還だけはできる」という状態になり、安全にアイテム集めができます。

左端の方に追い詰められるとボスを画面から追い出せず、弾幕と虫に苦労させられます。
しかしボスは近距離に寄られると距離を離そうと後退するので、ジャンプで接近(歩くより速く、さらに攻撃食らわない…ようなこともある)して、足元でしゃがんでいればそのうち追い出せます。


というわけで対処は簡単。あとは虫の召還時にお腹の色が変わるので、その時に攻撃をあてていけばそのうち倒せます。

そんな感じで殴り続けていると、ボスが突然後退しはじめて画面から消えます。
そして入れ替わりにラスボスが登場。ローブを着た人間の姿で、多分悪魔と契約したという魔術師ゾラスだと思います。

こいつはとにかくコウモリみたいな弾を飛ばしてきます。これだけしか攻撃手段はありませんが、非常に強力。
コウモリは3発1セットくらいで飛んできて、弾幕STGだと思うくらいのペースで飛んできます。

大量のコウモリは回避など不可能で、イヤでもダメージを受けます。1発当たるとのけぞり、大抵の場合3発連続で食らうのでどんどん押し出されていきます。
さらにこのコウモリ、1セットの中でも微妙に発射タイミングがズレているため、

(弾)=
(弾)=
(弾)=

と、こんな感じに縦一列に飛んでくることもあれば

(弾)=
  (弾)=
    (弾)=

こんな感じにズレていることもあります。


問題なのは後者のパターン。弾がヒットするタイミングがズレているため、連続ヒットで長い時間拘束されます。
1発食らってのけぞり、そこに1発ヒットしてさらにのけぞり、さらに1発ヒットしてのけぞり、終わった頃には次のセットの弾幕が連続ヒットします。

というわけで何もできぬまま永久コンボで死に、ちょっと余裕ができてもジャンプして接近するほどヒマもなく、攻撃できるのは復活した際のわずかな無敵時間のみ、という状態です。

以前のボスと違いこいつだけは画面端でも弾幕撃てますし、正直正攻法では残機がいくらあっても勝ち目が薄く、何も知らずに突撃すると返り討ちにあいます。


なのでここはさっきのボス戦でポーションを稼ぎ、それを使って一気にゴリ押します。
必要なのは青+透明での無敵と、赤+黄の炎の剣。青+透明を2セットでもいけそうですが、赤+黄の炎の剣は攻撃力が2倍以上になってるっぽいのでこっちの方が良さそうです。

さっきのボスが引っ込んだら無敵と炎の剣を使用し、ひたすら攻撃。難易度NORMALの方はまだ試していませんがEASYなら十分無敵時間内に倒せます。
ダメージを与えるとBGM(という名のSE)のドクン、ドクン、という音のペースが速くなり、最後は速すぎてただのエラー音みたいになり、もう少し殴ったら終了。


ちなみにさっきのボス戦で登場する虫はたまに壁の中に入ることがあり、その状態で倒してしまいポーションが出現するとポーションが壁に埋まって取れなくなります。途端に詰むので注意です。
ここまで来てこれでやり直す羽目になったときの絶望感といったら!!!




ボスを倒した後は音もなく画像が3枚ほど表示され、読むのが間に合わない英語字幕が下に表示されます。

それぞれ

「小走りで城の中を走る主人公たち」(多分脱出シーン。二人とも剣持ってるけどどっちがソードオブソダン?)

「城のテラスっぽい場所から剣を掲げる半裸の二人」(剣から稲妻っぽいのが出てる。多分悪魔とかやっつけたんじゃないかな。知らんけど。つーか服着ろよ)

「それを見ている大量の人たち」(わりと酷い顔が並んでるけど多分解放を喜んでる人々)


で、後は何事もなく終了。タイトル画面に戻ります。


なんだろう…頑張ったのに。
もうちょっとなんかこう…エンディング的なものとか…
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 01:24| 兵庫 ☁| Comment(6) | ソードオブソダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

ステージ6:いよいよもって死ぬがよい

皆さんこんばんは。調子に乗ってソードオブソダンの難易度NORMALに挑戦したらラスボスで詰んで超ヘコんだイナバです。
あぁ…ポーションが取れない場所に…あれがないとラストの弾幕が…


でもまぁラスボスまで行けたってことは、意外と難易度NORMALでもなんとかなりそうです。残機3からのスタートでも運さえ良ければ残機も増やせるし…って、またどうでもいいスキルが磨かれてる気がする!


さて今日はステージ6の攻略です。ラスボス前の最後の関門です。
このステージは大きく4つのパートに分かれている珍しいステージ。どれもこれもが殺る気マンマンで、ラスボスまでにゲームオーバーにしてやろうという意気込みを感じます。反射神経と忍耐力、そしてなにより残機数が試されます。


まず開始直後は大量の虫が登場。いやもう本当に大量です。どこいっても逃げ場はなく、近寄られては接触ダメージで少しずつ削られます。
ここはひたすらジャンプで離れつつ、上段攻撃を振りまくってとにかく虫を落としていきます。幸いポーションをポロポロ落としてくれるので、とにかく使いまくります。特に残機追加はこまめにしたいです。この後すごい勢いで減るので。

虫を殲滅した後は、いきなり謎の男(?)が登場。特に前口上も何もなく、ひたすら弾を飛ばしてきます。
ロックマンならまだ許されそうな弾幕ですが、こっちは近接攻撃しかない身。必死に近づいても弾をくらえばのけぞって押し出され、そこに次の弾幕が飛んできます。せっかく稼いできた残機がどんどん消費されていきます。

というわけでかなりの強敵…なんですが、意外な攻略法を発見。
同じように弾幕を使用するラスボス戦で発見したんですが、このゲームには「画面に映ってない敵は弾が発射できない」という特徴があります。

ここに出てくる謎の男は画面右からゆっくりと登場し、姿を現した後は弾幕を撃ってきます。しかし画面右から登場する前ならば無力。
というわけで登場する前から画面右に向かってひたすら突きを連打してたら無傷で倒せます。
姿さえ見えずに死んでいく謎の男はちょっと可哀想ですが、マトモに相手してられません。



さて。その次はたくさんのトラップが待ち受ける通路。

具体的には

・天井から柱が降ってくる(即死)
・床から針が生えてくる(即死)
・画面右から炎が飛んでくる(ダメージ)

の3つ。

降ってくる柱と生えてくる針の位置はランダムで、固定の攻略パターンはなさそうです。それぞれ「天井に柱の影が見える」「地面に小さな針の先端が見える」のが前兆。天井の柱はともかく、針の前兆はしょっちゅう背景に隠れて見えません。怖いです。

あと、唯一即死でない炎も食らうと連続ダメージで大きくのけぞるため即死トラップとのコンボが発生します。影牢みたいです。
ついでにBGM代わりに時々唸り声みたいなSEが鳴るんですが、そのせいで炎の発射音が聞こえない時もあります。泣けるぜ。


というわけで見えない針と即死コンボにおびえつつ進んでいくと、また場面が変わります。溶岩の中を動く床が前後しており、タイミングよく飛び乗って進むようです。溶岩に落ちるとやっぱり即死。

床自体の判定はそれなりに大きく、飛び乗るのはそれほど難しくはありません。
しかしここでも障害が2つほどあります。

まずは相変わらず飛んでくる炎。
これを食らうとのけぞって溶岩に落とされるため、即死コンボ。前日の唸り声に、さらに溶岩のボコボコいってる音まで追加されて余計に発射音は聞きづらくなっています。泣けるぜ。

そしてそれよりも酷い障害が、画面のスクロール。
移動する床に乗ると画面が右にスクロールしはじめるんですが、たまに床の移動速度に画面のスクロールが追いつきません。

つまりどういうことが発生するかというと、画面の端にぶつかって床から押し出されます。
対処法は床に乗る前にできるだけ前に進んでおいて少しでもスクロールさせておくのと、なるべく床が左にきてる段階で床に飛び乗ること(床が右端に到達する前にスクロールが間に合います)。


ちなみにこのスクロールのせいで床が画面右端近くまで寄せられ、右から飛んでくる炎の回避がやたら困難になるというオマケ付き。
なんかもうニュータイプ的な能力を駆使して避けないといけません。


なんでプレイヤーが画面スクロールに気を使わなきゃいけないのか分かりませんが、数ある即死トラップを越え、溶岩地帯を抜けるとようやくゴール。最後に炎をずっと発射していた謎のオブジェを適当に小突いたらクリアです。

そして次はいよいよラスボス…
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:32| 兵庫 ☔| Comment(5) | ソードオブソダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。