2011年08月17日

イチローはこんな世界で戦っていたのか

幼少時からのあれこれ、アニメでいうと6クールにも渡る紆余曲折を経て、吾郎はついにメジャーの舞台、アメリカへとやってきた。
日本での経験を活かしてトライアウトに挑戦し、そこからメジャー入りを果たすために。「漫画のタイトルになってるのにいつになったらメジャー行くの」という指摘をいい加減どうにかするために。


しかし、たとえマイナーリーグといえどそこは決して甘くはない世界であった。もはや別次元だと言ってもいい。
例えボールが目の前に転がっても特定の選手以外は捕りに行かないという謎のルールが存在したり、さらには明らかに一塁への送球を失敗してもなんだかキャッチした扱いになったりどう見てもベースに届いてないのにスライディングすればセーフだったりと、今までの野球が覆されていくのを感じていた。

これはおかしいのではないかと訊ねてみようかとも思ったが、やめた。塁審もいないような野球に期待するだけ無駄に違いない。


しかし、悪いことばかりではない。彼にとっては嬉しい出来事もいくつかあった。
なんといってもこの国の野球には「ボール球を投げる」などという風習はなく、さらに球がどこに飛ぼうがバットが勝手にロックオンしてくれるため「振らなきゃ損。振れば当たる」という状態であった。
いかんせんなんかヒットするタイミングがおかしく、しょっちゅうゴロを繰り返していたが慣れてくると笑えるほどホームランが打てるようになった。

この地のボールは質量変化でもできるのか「転がるときはやたら重く、飛ぶときは異様に飛ぶ」という非常に男らしい勝負のためのボールであり、メジャーのワイルドさをこんなところからも感じることとなった。
ちょっとホームランを打ちすぎたのか、右腕だけ妙に太くなってしまったりしたがまぁ問題はないだろう。



勝負精神はこれだけにとどまらなかった。
よく見ればランナーはたとえどう見ても無理な状況でも勝手に盗塁をかましたり、明らかにボールに追いつかず、フェンスに当たって跳ね返ったのを捕ればいいのに意地でもフェンスまで走っておいかけて結局遠回りしてしまう選手など、決して妥協しないその精神はゲームのそこかしこからにじみ出ていた。


吾郎はそんなスピリッツ溢れる世界に飛び込み、ピッチャーとして活躍していくこととなる。

単純ともいえるメジャーのスピリッツを肌で感じたせいか、吾郎はいたって落ちついて投球に臨むことができた。
ストライクゾーンのどこに投げるかは正確に決められるし、ちょっとズレたりすることもない。最初はボール球の投げ方が分からなかったりしたが、説明書を読み漁っているうちになんとか発見もできた。投球の仕方の部分に書いとけよこの野郎。

そしてボール球の存在しない世界の選手たちにとっては吾郎のボール球はすごく珍しいのか、ばんばん振ってくれる。なんかもう可哀想になってくる。

あんまり哀れなもんだから、必殺のジャイロボールを投げる際には微妙に斜め上を向いて投げたりしてみるものの、やっぱり打たれることはなかった。できることなら180度後ろを向いて投げてみたいものだ。

そんな感じで脅威の守備力を持つこととなった吾郎のチームは大活躍。ホームランもバカスカ出る。あまりに出すぎるので「あぁ、面倒くせぇからあと5点くらい取ったら放置でいいや」とか考え出す始末である。



さすがメジャーの世界は違う。そう思った吾郎であった。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 19:55| 兵庫 ☁| Comment(4) | メジャー Wii パーフェクトクローザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。