2011年08月07日

守ったら負ける!攻めても負ける!諦めろ!

ジャブローの防衛線をクリアしたと思ったら、なぜか08小隊の物語が始まったでござる。


な、何を言ってるのか分からねーと思うが(ry

微妙に難易度高いジャブローをクリアしたと思ったら、いきなりホワイトベースもガンダムもそっちのけでシローが登場しやがりました。

これは有り…なのかな?
個人的には初代ガンダムのお話をまず終わらせて欲しかったんですが…それはともかく、この08小隊のステージが異常に難易度が高いです。開始1ターンで為す術なくゲームオーバーになります。

ガンダムがいないとはいえ、一応アムロを雇って陸戦ガンダムに乗せて代用とし、しれっと復活してるバニング大尉をジムに乗せて少ない戦力を補強することはできるものの、そんへんの戦力が届かない位置で勝手に戦闘して勝手にゲームオーバーになるのでどうしようもありません。

ちなみにバニング大尉はいつの間にか雇いなおせるようになったあげく、なぜかジャブローでは初期配置されてたりします。
実はジャブローにいたのかな、この人…ほっとくとシャアにぶち抜かれて死ぬけど。

ステージとしては「特定のポイントを敵に占領されずに守る」というものなんですが、守るべきポイントが複数ある上に離れています。
初期配置のシロー達やアムロのいるオリジナル部隊が配置される周辺は問題ないんですが、遠く離れている2箇所のポイントが問題。戦車と戦闘機くらいしか戦力がないくせに1ターン目からモビルスーツが突撃してきて、かなりの確率で強制的に後退させられます。後退させられればジオンにポイント取られるのでゲームオーバー。
一応低確率で後退せずに済むこともあるんですが、こちらの戦力が削られるうえにその状態でアムロ達が来るまで数ターン耐えねばならないという地獄。

今まではガンダム無双だったばかりに、いきなりの難易度上昇に困惑中です。


とはいえ、このゲーム意外と戦闘面では面白いステージもあったりします。ジャブロー防衛線の後編なんかは「編成」コマンドを活用しつつ散らばったジム達を回収してシャアに挑んだり、ちょっと前のランバ・ラル戦でも直接ダメージは無効化され、「敵を包囲した状態で後退させると移動不能となり問答無用で撃破」というシステムを使って倒さねばならなかったり。単純に無双すればいいという内容ではなかったりします。ちょっとそのへんは個人的に評価高いです。まぁ珍妙なテキストで総合的には台無しにされてるんですが。

五飛、教えてくれ…俺はあと何回「一方その頃…」のテキストを見ればいいんだ…。DSは何も教えてはくれない…
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:03| 兵庫 ☁| Comment(5) | エンブレムオブガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石ころ≦ガンダム、猫の手≦ヒートロッド

〜エンブレムオブガンダム的ガンダム用語集〜


マ・クベ

彼は文人あがりのジオンの軍人であり、そして、そして変人である。
わざわざ「そして」を二回も書いたくらいだからかなりの変人である。多分。
彼はもう軍人の仕事そっちのけで美術品集めて日々部下に愚痴を垂れるような人物なのだが、ホワイトベース、そして連邦を陥れるべくいくつもの策を講じる。




マチルダ


連邦軍の女傑。
連邦軍的には最前線への補給任務なんか「戦闘が大変っぽいんでやっぱ止めました」って言っても許されるけどちゃんと実行したから女傑。ゆるいな連邦軍。
ドムに乗ってた戦闘機を叩き割られて死亡。ガルマ、ランバ・ラルなどのキャラの死亡シーンが適当に描かれる中、珍しくちゃんと死んだ。



ジェットストリームアタック


3機のドムがそれぞれ攻撃すること。別に縦一列になったりしない。単なる集中攻撃。ちなみに2機でも使える。



オデッサ作戦


連邦とジオンの攻守を逆転させた一大作戦。どんくらいデカい作戦かというと、国一つが戦闘マップで1マス扱いされるくらいデカい。
ロシア、イタリア、スペイン、ブリテン島は1マス。イタリアを舞台にガンダム1機対ザク3機とか広大すぎて戦闘になる気がしない。

ちなみにオデッサ作戦は奇しくもオデッサで行われた。決してオデッサで行われたからオデッサ作戦ではないらしい。

連邦が勝利した後は一気に攻勢ムードになるが、ジオンは数々の嫌がらせで対抗。子供か。



ミハル

ジオンのスパイであり、戦闘に乗り気でないカイが戦うことを選ぶ理由ともなる重要な人物…のはずが、カイと出会ったと思ったらいつの間にか死ぬ。




ジャブロー攻略戦


ジオンがうっかり忘れてた一大作戦。連邦の要ともなる最大の秘密基地攻略。
というわけで重要な作戦なんだけど、攻略を開始しようとしてから必要になる戦力が全然ないことに気づくジオン軍。
モビルアーマーのような巨大兵器の開発が遅れ、被害妄想が生み出した変な兵器であるグフとか作ってしまい、「こりゃ駄目だ」となんだか投げやり気味に言われるものの、まぁ猫の手よりヒートロッドということで余りまくってたグフを投入した。ジオンも大概ゆるいな。

ちなみにジオンはよくこういう「変な兵器作っちゃった」的なミスをするらしい。まぁたまにスゴイの作るけどさ…






というわけで、エンブレムオブガンダムはゆるい規則の連邦軍とうっかりジオン軍が広大な大地にちょっとずつモビルスーツを配備して戦いつつ、嫌がらせで対抗したりする感じのすごいゆるい戦争を描いた物語みたいです。
そんな中、重要キャラだったはずの人は名言も残せずにいつの間にか死亡し、ザクとは違うはずの兵器はポンコツ扱い、褒められるのはアムロとその周辺の人だけという贔屓にも程がある展開で進んでいきます。
まぁそのアムロも散々勝手に英雄呼ばわりしたあげく「英雄でありながら逃げ出した」とか「愛がないと思うと逃げる」とか、あんまり素直に褒めてくれないっていうかじゃあこの物語は一体何をどうしたいのか!


あと、先日雇ったはずのバニング大尉がどっか行きました。
馬鹿な…やっと陸戦ジムが登場して出番ができ、アムロと共にザクを薙ぎ払ってくれていたというのに…。ついにジムも登場したのでますます出番が増えてくると思ったのに!ていうかカイとハヤトが弱すぎ。
バニング大尉!もう一度雇いなおしでもいいから帰ってきて!
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 05:14| 兵庫 ☁| Comment(5) | エンブレムオブガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。