2011年07月30日

まだアムロすら出てきてないのに長い

皆さんこんばんは。ダンジョントラベラーズをプレイするよりPT構成考えてる時間の方が長いイナバです。クリアしてないけどもうそろそろ満足しそうです。


さて。では改めて「エンブレムオブガンダム」を開始。正直な所シナリオと文章にツッコミ所が多すぎてちっとも進む気がしないんですが、適当に要約しつつ進めていくことにします。


始まりは、宇宙世紀0079年の1月。地球から最も遠い宇宙都市サイド3がジオン公国を名乗り、地球に独立戦争を仕掛けてきます。

といっても人類はコロニーに住み始めてから半世紀程度。千年単位で整備されてきた地球のシステムとは圧倒的戦力差があったりするのである。地球環境が大変だとかそういうのは整備してないけど。

しかしジオンはモビルスーツという地球連邦にない戦力を持ち、これにより連邦軍は苦戦を強いられます。(一応、ガンタンクだけは作ってる途中だったっぽい・・?)
そして1月のある日、ジオンは自分達の住居であるコロニーを地球に落とそうとします。自分の家落としたら大惨事だけどなんかきっと大丈夫です。
実際に落としたのは多分ジオン側じゃないコロニーだし。宇宙都市なんて皆どれも一緒みたいなもんだから自分たちの住居と同じといえなくもないとかそんなノリだし。


とにかく、コロニーが地球に落ちたら大変なので地球連邦軍は決死の覚悟で防衛線を用意。


ここでようやく実際に操作する画面に移行。宇宙に浮かぶコロニーや地球をバックに、スパロボみたいにユニットが配置されています。2ターン戦線を維持しろと言われ、いきなりジオン軍のターンが始まります。

あたふたしてる間に敵のモビルスーツ、ザクが移動、こちらの戦艦に向けて攻撃を開始。…というところでいきなり偉そうなチュートリアルが始まります。

チュートリアル「敵の奇襲から物語は始まり、いきなりではあるが戦闘に突入した。早速であるが、貴方にはこの戦闘をなんとか切り抜けてもらいたい。今は最低限の事を簡潔に説明しておこう。」

という語りから始まるなんだかイライラするチュートリアル。まぁ説明としての役割は果たしているもののなんだか書き方が偉そうでイライラします。簡潔でもないし。


ここで戦闘システムについてまとめ:

スパロボのように敵ターン、味方ターンに分かれているシミュレーション。ただしマップの区切りが正方形ではなくよく分からん形で区切られていて、1マス移動するにしても隣接しているマスが多いので結構色々動けます。マスの数自体は少なめ。詰め将棋くらいには窮屈な感じ。
ちなみに同じマスに敵も味方も進入可能。

そしてその上を動かす駒となるのはガンダム一機や戦闘機一機…ではなく、それらを組み合わせた最大10機からなるチーム。
チームにはパイロットを追加することもでき、特定のパイロットならスキルが発動して戦力(下記参照)にボーナスが付いたり。

チームには「攻撃戦力・防御戦力」というものが設定されており、まぁ有り体に言えば攻撃力と防御力です。攻撃時は攻撃戦力、防御時は防御戦力の値によって相手に与える被害量が決定され、最大10機のチームのうち何機撃墜されるかが決まります。
一応戦闘前に予測値も出るんですがアテにならないので無視。


戦闘は敵と同じマスに入った時点で発生。回避は不可能。遠距離攻撃もできず、戦艦だろうが前に出なきゃザクも落とせません。
同じマスに何チームも敵がいればその都度連戦が発生。強いチーム1つがこちらのチームの集まったマスに攻め込むと全員と戦闘させられてすごい勢いで壊滅させられたりします。


実際の戦闘ではまず単純に戦力の比較がされ、そこからニュータイプの閃いた時のあのSEと共にチームに所属するパイロットのスキルが発動(大抵発動する。一人何個も持ってるので全員分発動するとキランキランうるさい)。スキルによる補正を受けて改めて戦力表示され、アテにならない予測が表示されます。

そして戦闘開始を押すとザクがマシンガンを撃ったり、戦艦がビーム砲を撃ったりするのが見られます。単調です。スパロボの最弱武器演出見る気分です。ドット荒いし。
最初の何回かは珍しくて見るんですがそのうち飽きてきます。演出オフとかそういう親切心はこのゲームにはないので、毎回スキップボタン押して飛ばします。(スキル発動のキランキランも一応飛ばせます)

戦闘後には追加で「前進」「後退」が行われることも。これにより、敵を倒した後さらに移動して他のマスの敵に攻撃ができたり、攻撃されて後退を余儀なくされたけど敵の進行方向を塞ぐように撤退してもう一度迎え撃つようにしたりできます。
まぁ前述の通りマスの形が不可思議なんで前進なのか後退なのか分からん動きもできます。



…と、戦闘についてはこんな感じ。まだオープニングだけですがもう既に単調になりそうな予感がします。
多分強いユニット集めまくったチームで無双するのが良さげだと思います。アンリミテッド付けたGジェネワールド的なノリになりそう。



そんな感じである程度進めていくと2ターンが経過。最初の戦闘が終了します。
結局コロニー落としは防げなかったようで、地球にコロニーが落下。地球連邦とジオンの合計した人類の総人口の半分が死に至りました。
原作では「ジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた。」と書かれてたシーンなんですが、このゲームだと全くもって無駄かつなんかおかしい文章がついてます。

「合計した人類の総人口」て。それってつまり総人口の一言でいいじゃないか!!!


まぁとにかく、この一戦に敗北した地球連邦の将校たちは、連邦にもモビルスーツがあれば…と期待するようになりましたとさ。

というところまでがオープニング。どうしよう要約すると書いたのに既に文章が長い。



とりあえず、多分戦闘についてはそれほど書くことがなさそうなので次回以降はシナリオメインで日記にしていくと思います。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:14| 兵庫 ☁| Comment(4) | エンブレムオブガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ツッコミ所が多く、そして面倒くさい



エンブレムオブガンダムはじめました。





どうしよう…あまりにもテキストが酷すぎてどこから突っ込めばいいのか分かんない…



えー、あのー、えっとですね…(どこから書いていいのか困惑中)

一応ゲーム自体はシミュレーションゲームというか、残念な大戦略という感じで、経験値とかレベルアップとかいうものが見当たらないとかそういう点もツッコミ入れたいんですが、とりあえずテキストが酷いです。


このゲームは「機動戦士ガンダム」の一年戦争の最初、コロニー落としのシーンから始まるんですが、もう最初っから色々酷いです。あまりに酷すぎて「酷い」以外に何を書いたらいいのか悩むくらいに酷いです。
しかも微妙に要素一つずつだけはちゃんと合ってるのに、組み合わせて変な解釈してブチ壊すという面倒くさいテキストなのでどこからどう説明していいのかすごい悩みます。


とりあえずオープニングから色々ツッコミどころ。多すぎて書ききれないので抜粋っていうかもう思い出せないくらい違和感だらけ。


自分たちの住居である宇宙都市を地球に落としたジオン。なにその盛大な自爆テロ。(原作で落としたのは連邦側についてたコロニー。宇宙で自分の家落としたら大惨事。コロニー全部ひっくるめて「宇宙都市」と呼ぶならまぁ分からんでもないけど…)


宇宙に住む人は地球から捨てられた人。でも地球は環境破壊ですげぇやべぇので意地でも宇宙に行かなきゃダメな時代だった。でも宇宙の人は地球にいる人をめっちゃ恨んでる。なんだろうよく分かんない。
この状況ならむしろ特権階級だけが宇宙に行って地球は置き去りにされそうな感じというか、いや捨てられたというのは合ってるといえば合ってるんだけど決して「地球もうだめだから宇宙へ逃げろ」的な感じではないというか、いや合ってるんだけどなんかもう書いててよく分からない。


テキスト全体から漂うジオニズム。
なんだろうこの地球嫌いな雰囲気。
そしてなんだかコロニー全部ジオン側で地球対宇宙みたいな構図に見える。


ナレーション「シャアという青年士官がいる。軍人である。」
そりゃ士官は軍人だろうよ。なぜわざわざ付け加えた。



フラウ・ボゥ登場シーンでのテキストが酷い。
ナレーション「この少女はフラウ・ボゥという。フラウというのはドイツ語で夫人という意味だからいわゆるニックネームであるのだろうが…」
という感じで、本名不明にされるフラウ・ボゥ。

そんな設定あったっけ…と思いつつwikiを見てみたら、どうも開発の際フラウ・ボゥのネーミングの時に「ドイツ語のフラウ(夫人)から取った」というエピソードがあるらしいです。でもそれはナレーションで語っていい内容じゃないよ!!

この分だと「地球連邦はモビルスーツの開発を急いだ。なぜならスポンサーがおもちゃ化に向けて巨大ロボを出せとうるさかったからである」とか言われそうな予感です。怖い。




とりあえず、実写ガンダムの「ザクマシンガンでガンダム大破」のような誰が見ても分かるあからさまなぶっ壊れっぷりではなく、自分みたいなにわか野郎がうかつに突っ込むと微妙に間違えそうな面倒くさいレベルでのぶっ壊れっぷりな気がします。ツッコミにすごい神経使います。

というわけでツッコミの際、間違った指摘などがあるかもしれませんので気になったらコメントででも指摘してもらえると幸いです。


あーでもツッコミどころがあるって楽しいなぁもう!

「日常」のゆっこの気持ちが超分かるよ!気持ちいいよ!「どんだけスポーツ」やっててツッコミすら許されぬしょんぼり感に打ちひしがれてたよ!

プレイ自体はもうちょっと進んでるんですが、多分明日もオープニングに突っ込んでると思います。ツッコミが終わらない。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:37| 兵庫 ☀| Comment(6) | エンブレムオブガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんだけ使いまわし101

昨日のイナバ(PM9:00頃):

「ふぅー今日も疲れたなぁ。帰りに雨に降られて散々だったし。
さぁ今日でどんだけスポーツ終わらせて、とっととあのゲームとはおさらばするぞー!!

…と、ちょっと眠いな。更新する前にちょっと仮眠でも取るか…」





とか言ってたら今起きた。(AM11:00)
皆さんこんばん…は?寝すぎにも程があるイナバです。

というわけでいつもと違う時間に「どんだけスポーツ101」を最後までプレイしてしまいます。



「ランバージャックポールクライミング」

ロープを木に巻きつけて登る競技。
操作は音楽の鳴らないビートマニアのような感じ。左右の手と足のアイコンが合計四つ表示されていて、上から落ちてくるアイコンが重なった時にタッチするとOK。キャラクターがどんどん木を登っていきます。

というわけで「なんだつまり音ゲーの要領じゃねぇか」と安心していたんですが、一つばかりトラップがありまして。押しちゃいけないアイコンもたまに降ってきたりします。

手のアイコンのラインに足のアイコンが降ってきたときは無視しなければいけません。説明がなかったので最初は気づかなかったんですが、うっかり押すとポイントが減ります。
慣れてくればいいかと思いきや、後半になると結構なペースでアイコンが降ってくるのでかなり見極めが難しいです。

最初の方でポイントを稼いでおけば後半はタッチしなくてもクリアできる、というのが救い。というか台無し。



「幅跳び」

左右の足をアイコンを交互にタッチしてスピードを上げ、タイミングを見てジャンプアイコンをタッチ。いつぞやの棒高跳びと同じく、急にジャンプする場面が訪れるので反応できない。

そして操作説明では「高く跳ぼう!」と言われる。幅跳びだっつってんだろ!!



「ストックカーレース」

車が勝手に走り、左右にコース調整するいつものパターンのレース。他の車にぶつかるとダメージを受け、あまり受け続けるとアウト。軽快に走ってたら突然前方に遅い車が固まってることがあり、足止めされたあげくふるぼっこに会うことあり。

一応ダメージの回復アイテムが落ちてるものの、人間では反応できそうにない速度で通り過ぎていきます。シュン!って感じに通り過ぎ、後で気づくくらいです。



「斧投げ」

操作説明によると「世界一の木こりになってみない?」って木こりは斧は投げないよ。商売道具だよ。

ゲーム自体は、斧をつかんでスライドしてぶん投げ、的に当てるゲーム。至って普通。でも木こりの仕事ではない。



「ウイングスーツ フライイング」

手と腰の間と、左右の足の間に膜のようなものがついたムササビみたいなスーツを着て空を飛ぶ。




超怖そう。でも楽しそう。


ゲーム中では左右にスライドして(以下略)のいつものタイプ。飛んでる鳥にぶつかるとアウト。珍しくパラシュートを使って助かりそうな描写がある。

このゲームではモード切り替えが可能で、高速モードに変更可能。高速と低速を切り替えて鳥をやりすごしつつ星を回収していけばOK。

ちなみに高速モードでは手足を閉じて直立の姿勢になります。それ、自殺行為ですよね。



「ジェットスキー」

自動で進むジェットスキーを横向きに見つつ、上下に移動させてブイを避けていくゲーム。いつも通りすぎて書くことなし。



「トラクション カイト」

自動で進むカイトバギーを左右にスライドさせて(以下略)。こんなゲームばっかりだ!!

…とはいえ、このゲームはちょっと違うタイプ。カイトに引っ張られるバギーを操作するんですが、動かせるのはカイト部分。それに引っ張られてバギーが動くので先を見据えた操作が必要で、細かい調整がかけづらいというのがあります。ていうか右なら右、左なら左にカイトがすごい勢いで動きすぎ。



「フリーダイビング」

水に潜って水中にある真珠を回収していくゲーム。フリーダイビングにそんな競技はない。
それただの素潜りっていうかそれ密漁じゃね?

ゲームは行き先をタッチしてキャラを動かし、息が切れる前に水面に戻りつつ真珠を回収していくというもの。クラゲが大量発生していて、触れると痺れる。また命がけか!



「ストリート リュージュ」

でっかいスケボーに寝そべって走るゲーム。いつぞやのボブスレーのように、最初に加速。その後は左右にコース調整。もう、書くことがない。



「カーフボール ウォーミングアップ」

記念すべき101個目のゲーム。「ウォーミングアップ」が最後に来るというのは何かの皮肉でしょうか。

ていうかカーフボールってなんだろう。ググってもさっぱり。スタッフはどこで見つけてきたんだろう。そしてなぜこれを101個目に持ってきた。


よく分からないけど、交互にシュートしあうバスケットボールのようなゲーム。
最初に5つボールが与えられ、相手に防がれないように(手のアイコンが動いてる)シュートすればOK。
シュートはボールを掴んでスライドして投げる。あんまり勢いよく飛ばすとゴールを飛び越えてしまうので力加減が大変。
相手のシュートの時はボールをタッチすれば防げる。楽勝。










そして、101個終わった後の感想:


あぁ、やっと、終わった。
以上。




さぁ次はエンブレムオブガンダムだ!!今ならこれがすごく面白そうに見えるよ!!
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 11:46| 兵庫 ☁| Comment(4) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。