2011年06月30日

ロングタッチペンが、折れそう

皆さんこんばんは。どんだけスポーツやりはじめてから液晶の傷とタッチペン折れが気になって仕方ないイナバです。指で…指で動かしたい…!!


…と、そんな願いが通じたのか次の「マウンテンバイク」と「ボート」はタッチペンなしでも大丈夫でした。

マウンテンバイク:


十字キーの左右のみを使用。自動で進んでいくので左右でコースを変え、途中にある星を拾ってポイントを稼ぎつつ制限時間いっぱい進んでいけばOK。特にゴールはないので達成感はない。
そしてマウンテンバイクは転倒しそうなほどゆっくり運転するため、難易度は低めというか無いも同然。

ただ、このマウンテンバイクは紙ででも出来ているのか、水たまりに何回か触れると壊れます。一応そのへんだけ注意…というほど難しくもないんですが。



ボート:


ボートを漕いで早くゴールまで辿りつけばOK。
ボートを漕ぐには下画面にある左右のオールのアイコンを交互にスライド。まさにオールを漕ぐような動きが求められるわけです。

…と思いきや、ちゃっかり左右のアイコンをスライドせずに交互にタッチするだけで動いたり、むしろ左右の親指でひたすら連打した方が早かったり。



そしてこの後の「クロスカントリー」は、反動なのかやたらタッチペンを酷使することに。


クロスカントリー:

雪を上をひたすらスキーに乗って走る。敵CPUより先にゴールすればOK。
タッチペンを左右にスライドすると前進…ですが、画面いっぱいを大きくスライドさせないと微動だにしないため、最初はまったく動けずに四苦八苦。
理解してしまえば後はタッチペンで液晶を削っていけばいいだけです。

一応体力ゲージがあり、連続でずっとスライド入力してると消耗し、一定時間操作しなければ回復。
ゴールまでは到底体力がもたないためなるべくスピードを落とさないようにしつつこまめな体力回復をしないと…と言いたいところなんですが、ブーストアイコンをクリックすると加速&体力回復ができ、一応回数制限もあるものの基本的に使い切れないくらい使用できるため、ひたすらスライドしつつ体力減ったらブーストするゲームに。

ちょっと面白くなりそうだった要素にトドメを刺すブーストアイコンの存在が泣ける。



現在、26個までスポーツをクリア。ようやく4分の1です。今更だけど多いな…誰だこんなゲームやると言った奴は。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:30| 兵庫 ☔| Comment(3) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケイナちゃんにメルル服着せるパッチはまだですか

めるる.JPG

メルルのドラマCD目当てにゲーマガ8月号購入〜。
今月号は別に大量に売れまくったわけではなかったですが、次の9月号はメルルのダウンロードコンテンツが特典として付いてくるそうです。欲しい人は予約とかしたほうが良さそうな感じです。
PSストアがなくても意外とDLC展開はできるもんなんですねぇ…つーか早く直れPSストア。





ところで、ガンダムメモリーズのスレを見てると妙に欲しくなってくる不思議。

芝村節か…一度は味わってみたいものだ
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 21:16| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100メートル走はスポーツではない

バドミントン:

スライドしてラケットを操作、シャトルに触れると自動的に打ち返し。21点先取で勝利。
操作するのはキャラクターではなくラケットなおかげか、上下にも動ける。あとはビーチバレーと同じ。テニスと違って発射方向の制御も必要ないため楽ちん。
ラケットの動きが遅いせいかシャトルの動きにCPUが付いて来れないため、基本的に打ち返せば勝てる。

こういう「打ち返していく」タイプのゲームは操作するものの速度によってCPUの強さが決まる気がします。
卓球や円盤投げなど、動きが速いゲームはCPU独特の鬼の正確さで着実に打ち返してきて、テニスやバドミントンは追いつけずに余裕で勝てます。
バドミントンにいたっては未来予測できてないせいか確実にとれそうなものまで無駄に落とします。ポーンと高く飛んだシャトルは後ろの方で待ってりゃ余裕なのに上の方まで必死に追いかけて届かずに通り抜けられてます。



カーレース:

車2台で競争。自動で走り、タッチペンで左右に移動。
コース中には移動が遅くなる障害物や加速できるジャンプ台があり、うまくライバル車を押しのけてライン取りし、先にゴールを目指すゲーム。
ジャンプ台直前でのぶつかり合いとか障害物をうまく押し付けていったりとかデッドヒートがウリっぽいんですが、車の速度が同じため一度差がついた時点で干渉できなくなる。
一度先にジャンプ台に乗ってしまえばあとは悠々と走れるし、一度先に乗られてしまえば何もできずに背中を眺めていくのみ。途中からの巻き返しはほとんどない。



つな引き:

2人1組のチーム同士でつな引き。
ボタンが二つあり、タッチで自チームの2人の操作をそれぞれ行うことができる。
片方を連打してると疲労がたまっていくので、適度に相方のボタンに切り替えて連打していくと良さげ。
いまいち分からないけど90秒間つな引いてたら勝った。わりと引っ張られて負けそうだったけど。適当に二つのボタンを交互に連打してたら勝ったという、さっぱり分からないゲームでした。



ローラースケート:

以前見た乗馬と同じく、障害物を飛び越えて相手キャラより先にゴールすればいい。
乗馬と違うのは、コースの車線変更ができる点。障害物の回避よりはジャンプで障害物を回避してポイント稼ぐ用。
馬と違って跳躍力はあんまりないものの、ジャンプモーション開始から終了まではジャンプ扱いなのかどれだけ低空だろうと障害物を飛び越える親切設計。


競輪:

上にあるカーレースとほぼ同じ。左右に移動することで加速アイテムが取れる。
ただし敵に触れると転んでゲーム失敗となるので、どちらかというと敵を回避しつつアイテム取得していくゲーム。
なおこのゲームはCPUとプレイヤー側に大きな差があり、
○CPUは移動せずまっすぐ進む。よって進路上にアイテムがなければ取得しない。
○プレイヤーの加速アイテムの効果はハンパなく、CPUの数倍の速度まで跳ね上がる。周回遅れ超余裕でした^^
○ただでさえ取得しないのにCPUの加速アイテムはちょっとしか速くならない。

というわけで余裕っていうかうっかりCPUにぶつかって転倒する以外の負け要因が見当たりません。




…まだ半分にも達してないのに使いまわしゲームがしょっちゅう見えてきてるんですが!!
やっぱり101個もスポーツをやろうというコンセプトがなんだか間違ってたような気がします。20くらいを作りこんだ方が良かったんじゃないでしょうか。

ところでまだ解放してないものも含めてゲーム一覧をチェックしてみたんですが、意外と100メートル走とかがなかったりします。

なぜそういう基本っぽいものを外した…。カニ釣りは入ってるのに。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 01:02| 兵庫 ☀| Comment(0) | どんだけスポーツ101 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。