2011年05月25日

真・聖刻 第五話「そして乗り捨てられるガーラング公の操兵」

シフォンの父を助けるため、ザムル砦に向かうことになったシフォンとミシェルダ。
彼らは操兵の搬入に紛れて砦に潜入することに成功する。

さっそく彼らは砦の捜索を開始。兵士たちに聞き込みをしていく。
「厳重な警備で賊一匹通さない」と語るその警備が逆効果だったのか、一度進入してしまえば兵士たちに見つかっても咎められることなく捜索をすることができた。

この砦の兵士たちはキタン国の兵士たちであったが、ビクニによる洗脳を受けている様子もなく、普通に話を聞くことができた。
彼らの間でも誘拐されたというミシュルダの件は話題になっているらしい。どうやら有名な人物のようだが、決してミシェルダの事ではないらしい。目の前に本人がいるのに気づかないし。


…そういえばお姫様のミシェルダがいるんだからわざわざひっそり進入しなくてもなんとかなったんじゃないかと思ったりしたのも束の間、地下牢に捉えられたシフォンの父を発見する。
彼は酷い怪我を負っていたが、構わずに盗賊団の砦へと行くと主張する。

砦に着くと、シフォンの父は怪我の痛みをこらえつつ話を始める。
実はシフォンは彼の本当の息子ではないこと、なにかに突き動かされるようにシフォンを八の聖刻そのものともいえる「白き騎士」という操兵の使い手に育てようとしていたことを語る。以前もらった重要っぽい青い石については無視だった。

そして父からのささやかな贈り物として、父の操兵である狩猟機・サイブレムを受け取るシフォン。あいにく戦闘画面では全く姿が映らないのだが、背後に携えた2本の剣が特徴的な操兵である。でも戦闘ではパンチとキックしか使わないので、多分剣の形をした燃料タンクか何かだと思われる。斬新だ。

父から受け継いだ操兵を動かし、その姿を父へと見せるシフォン。そこへ突然金色の操兵が現れる。
「資質を持つものを見張っていた」と語るその敵は、突如シフォンの操兵へと攻撃を開始する。驚いて回避することさえできないシフォン。
そんなシフォンを庇うため、なんとシフォンの父は身を呈して金色の操兵の攻撃を防ぐ。さらにそこに駆けつけた…けど特に何もしない女が登場。改めて金の操兵との戦闘となり、ひたすらにキックで倒した。


戦闘には勝利したもののシフォンの父は力尽き、シフォンは天涯孤独の身となってしまった。
しかし落ち込んでいても仕方ない。父の言葉にもあった八の聖刻を求め、駆けつけただけでなんの役にも立たなかった女・アグーラを特になんの意味もなく仲間に加え、砦を後にするのであった。



このゲーム、原作がある分シナリオがそこまでぶっ飛んだりはしてないなー、と思ってたんですが…まったく存在意義の分からないアグーラさんあたりからなんだか怪しい感じが。

ちなみにアグーラさんは以前酒場でチンピラに絡まれたのを助けるイベントがあるにはありました。絡まれてる→助ける→なんの話もなくアグーラさん消えてる、という流れだったので書いてませんでしたが。
ただこれだけで助けに来たあげくまったく役に立たないという展開になるというのは…原作ではもうちょいなんかあったんでしょうか。

まぁシナリオがまともでも定期的に欠かさず存在する誤字のおかげで笑い所には困らない気がします。素敵です。



ところで、パイレーツオブカリビアンの映画見てきました。初めて3D映画見てきたけどすごいですね。あんなに飛び出て見えるとは思いませんでした。映画の前のペプシのCMが。本編も…まぁ、飛び出てたけども…ペプシほどでは…
あとワールドエンドの時も思いましたけど、ジャック・スパロウの脇役っぷりがもう。もうバルボッサ主役でいいんじゃないかな!!

あと、今日の日記はまどか☆マギカのDVD2巻に付いてたサントラのトラック4、マミさんのテーマ(勝手に命名)を聞きながら書いてます。癒されるような、心躍るような、そんな響きが気持ちいいなぁ。
指が軽い。こんな幸せな気持ちでブログを書くなんて初めて。もう何も怖くなーい!
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:35| 兵庫 ☁| Comment(3) | 真・聖刻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。