2011年05月20日

真・聖刻 第一話「どっちが主人公?」

ある日、イマイチ描写がなくて分かりにくいけど盗賊らしい団体のアジトに対して国軍の奇襲が行われる。
盗賊団首領の息子・シフォンは操兵という名のモビルスーツ的な何かにのって戦おうとするが、首領である父に止められる。
一人足止めの役を買ってでた死亡フラグ立ちまくりの父から譲り受けた青い宝石を胸に逃亡を図るが、国軍に捕らえられてしまう。彼はそのまま王宮の地下牢へ。

そして王宮には何度も城を抜け出しては遊びにいくアリーナ姫ミシェルダというお姫様がいた。ミシェルダは地下牢にいるシフォンを気に入り、何度も牢屋越しに会っては彼の話に耳を傾けていた。

そんな日々が続いたある日、異変が起きる。
城にいる兵士や侍女たちが、ミシェルダに対して何の反応も示さなくなったのだ。まるで誰かに操られているかのように…
このままでは彼女の国、キタン王国そのものが乗っ取られてしまう。そう思ったミシェルダは単調なBGMの流れる城の中その元凶を探し、それが最近城に訪れたという占術士だと気づいた…というかなんとなくそんな気がしたので、協力と引き換えにシフォンを開放する。

二人は占術士ビクニと対峙。敵の持ち出してきた操兵に、シフォンもその場にあった操兵に乗って戦うことに。差がよく分からないパンチとキック、そして戦闘は1人しかいないので使い道のない防御を使い、敵の操兵に対抗していく。
しかし敵の強さは圧倒的。このままでは…と思ったところで、彼の持っていた青い宝石が輝きだし、敵の操兵を消し去ってしまうのであった。

この宝石は一体…?
そんな疑問を抱きつつも、彼らは逃げたビクニを倒して呪いを解き、キタン王国を取り戻すための旅に出ることになるのであった…





というわけで真・聖刻はじめました。たまには違う書き方で始めてみたり。
とりあえずはゲームのOPともいえる(と思う)最初のお城脱出まで。文章にするとわりとあっさりですが、同じBGMの中眠くなるほどうろうろしたりして既にやる気がなくなってます。
お城の外に出たいっていうから出てうろうろしてたのに!イベントはことごとく城の中での発生じゃねーかこの野郎!
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 23:57| 兵庫 | Comment(7) | 真・聖刻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。