2011年04月05日

いとも容易き最強の称号

皆さんこんばんは。花粉のせいであまりに目がかゆいのでスッキリする系の目薬を使ってみたら痛くて目が開けられないイナバです。
なんだこの目薬…ヤバイ!目に入れてはいけない系の痛みだ!スッキリにも程がある!

あと、回転して縦になるモニタがちょっと欲しいです。あれで縦シューやりたいです。サイヴァリアとか。



さてルナティックドーンですが、前回のイベントが終わった後うろうろしてたら今度はレヌンシアの町でイベントが発生。各地の闘技場をクリアした人だけが挑戦できるという「大武闘会」が開催されるとのこと。
闘技場はとっくにクリアしたので、さっそく参加してみることに。

聞くところによるとこの大武闘会を制覇したものは勇者の称号を得られ、大陸でも最強の戦士として認められるとのこと。他にも武闘会に参加しようとしていた人物もいたことですし、これは一筋縄ではいかなそうです。
というわけできっちり事前にセーブして、アイテムも買い揃え、準備をきっちり整えてから挑んだんですが…なんかオッサン一人フルボッコにしたら終了でした。

武闘会だというからてっきり多くの参加者の中で戦っていき、勝ち残った者が優勝するとかそういう感じのイベントだと思ったんですが、いきなり半径5メートルもなさそうな狭苦しい闘技場で「大師範」と名乗るオッサンと戦闘に。

このオッサンは大して強くなく、魔法で攻撃してくるわけでもなくあっさり殴り倒せます。魔の森の中にいた雑魚敵の方がまだ強いです。ていうか武器指定とかしてくる分、ジェロシーアの師範の方が手強いです。大師範とはなんだったのか…

そして大師範を倒すと、他の参加者なんか最初からいなかったとばかりにいきなり最強の戦士となり、勇者の称号を得られます。あまりにあっけない最強の称号に、プレイヤーの脳みそが追いついていきません。だって武闘会開始から30秒も立たずに優勝ってどうよ。



ちなみに、未だに廃墟の幽霊とピラミッドのミイラには勝てません。勝てる気配もありません。大陸最強の勇者なのに…
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 22:00| 兵庫 | Comment(0) | ルナティックドーンテンペスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空気の読めない将軍

皆さんこんばんは。記憶喪失気味のイナバです。一昨日の夜あたりから記憶がおぼろげです。なんかとりあえず動画はきちんとうpしてたらしいです。よくやった昨日の自分よ。そして昨日と今日はそれ以外に一体何をして過ごしてたんだ私よ。まさかアレか。マインドジャックされてたのか。


さてルナティックドーンの続きです。
前回魔の森に入れるようになったものの、特にイベントがなくて困ったヒーロー。とりあえずあちこちうろうろしてみる事に。今まで誰もいなかった家にヒントもなくいつの間にか人が登場してイベント発生したりするので、最初の町からしらみつぶしに探すことになりました。

どうやらここからはしばらくあちこちで細かいミニイベント…というか、わりとどうでもいいイベントをこなさなければいけないようで、そうしないとストーリーに関わるイベントが発生しないようです。


まず、アングストでイベントが発生。チンクルに騙されて、装備した人間に妖精が乗り移れるという「妖精の腕輪」(以前廃墟で拾ってたもの)をはめてチンクルにマインドジャックされます。
ヒーロー(チンクル操作)は山賊の仲間になってお宝に手を出そうとするも、山賊のボスに見つかって襲われ、面倒くさいのでヒーローにまかせて逃亡。
仕方ないので襲ってきた山賊の手下を魔法で異次元に飛ばしたら、「命だけは助けてくれー!」とあっさり頭を下げるボス。何もせずに山賊から足を洗うことにして、一件落着。せっかくの伏線っぽいアイテムはどうでもいいイベントで消化されました。

そして結局選べない選択肢によりチンクルを許すことになり、また付いてくることに。本気で死なねぇかなコイツ。

この山賊イベントはその後の展開には一切影響がなく、ただ伏線の回収とチンクルへの敵対心がアップして終了。意味分からん…


あと、ラントでついに王様に手紙を渡すイベントが発生。王をたぶらかし、前王(砂漠にいた魔法使いのおじいちゃん)を追い出した王妃がいない間に渡しに行くというイベントだったんですが、渡しただけで別に何か変化があるでもありませんでした。ちゃんと届いたよ!よかったね!!



そんな感じでガリガリ精神力を削られていると、ようやくそれらしいイベントが発生。ジェロシーアの闘技場に行くと(今更とっくにクリアした闘技場でイベント発生というのも酷いと思うけど)イベント発生。師範から、実はバンクォー将軍からヒーローを鍛えるように言われていたと告げられます。
バンクォー将軍は以前ハンカチをくれたり狩猟場へ入る許可をくれたオッサン。どうやらヒーローには強くなる素質があると結構お気に入りだったようです。意外と玉の輿フラグはまだ健在かもしれません。

とにかく、もう一度将軍に会いに行くことに。奥さんと一緒に歓迎され、「君は勇者を目指しているのではないか?」という話に。
いや目指してるもなにもそんな話初めて聞いたんですが、選択肢で「いいえ」を選んでも「私には分かる」と言われて勝手に勇者志望にされました。

そしてその後、「ぜひ王様に会わせたい」という話に。ここでも選択肢が出て拒否してみたんですが「若者が遠慮してどうする」と無理矢理会わされることに。この将軍、わりと人の話を聞かない性格みたいです。

ダンカンこのやろう!.jpg

城に入り、変な体勢のデブくつろいでいらっしゃる王様に会う2人。

バンクォー「この少年はとても有望です」
王様「だから何?

…と、一体何をどうしていいのか分からないままお城を出ることになりましたとさ。だから行きたくないって言ったのに!



ちなみに将軍の家で奥さんと死んだ娘の代わりのように思っている…という話があります。どうやら将軍は気づいていないようですが奥さんはヒーローが女だと気づいているようでした。
これはもしかして将軍が実は死んだと思われていたヒーローの父親で、実は2人は両親なのでは…という展開を期待したんですが特にそんなことはないみたいです。単にそう思ってるだけでした。冒険者になるきっかけになったヒーローのお父さんの話は、一切登場する気配がありません。
posted by イナバ@うさうさ(名前募集中) at 00:17| 兵庫 ☀| Comment(0) | ルナティックドーンテンペスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。